« フープス ver1.3 | トップページ | フープスからの考察 »

2012年7月19日

インフォシーク〜wiki拾い読み+

インフォシーク
インフォシーク (Infoseek) は、日米のInfoseek社、および同社が運営していたポータルサイト。
後にアメリカ法人はウォルト・ディズニー・カンパニーに買収され、同社のポータルサイトgo.comとなった。日本法人は楽天に買収・合併され、現在は楽天が「Infoseek」ブランドで運営している。

歴史(日本法人)
・1996年 - デジタルガレージが米国インフォシーク社と業務提携し、日本での事業を開始。
・1998年11月 - 日本法人としてインフォシークジャパン株式会社を設立。
・1999年6月 - 米インフォシーク社はデジタルガレージとの契約を解消し、新たに米国本社100%子会社として株式会社インフォシークを設立。
・2000年12月 -
日本法人が楽天に買収され、同社の100%子会社となる
・2001年7月 - トライネット(現平成電電)の無料ウェブサイトホスティングサービス"freeweb"を買収、「infoseek isweb」としてサービスを開始。
・2002年10月 - 無料ウェブサイトホスティングサービス事業の株式会社フープス(サイバーエージェントとオン・ザ・エッヂの共同設立会社)を買収し、iswebに併合する。
・2003年9月 - ライコス(日本法人)とともに親会社の楽天に吸収合併される。ポータルサイトはinfoseekブランドで継続。

■インフォシークジャパン(株)
1999年6月23日-(株)インフォシークに商号変更
東京都渋谷区元代々木町30-13ニチイ学館によるGABA完全子会社化の考察参照

日本人役員
中村隆夫代表取締役(1999年6月〜)
伊藤穰一取締役会長(1999年6月〜)
星野康二取締役(2000年7月〜)

渋谷区元代々木町30-13といえば
・昭和KDE(株)※キョウデン・グループ旧所在地
・(株)サンマリ東京(後のキョウデンエリアネット)※キョウデン・グループ旧所在地
・(株)キョウデンエンタープライズ※キョウデン・グループ旧所在地
・(株)ネットクエスト※キョウデン・グループ旧所在地
・キョウデンエレクトロニクス(株)※キョウデン・グループ

星野康二
星野 康二(ほしの こうじ、1956年5月7日 - )は、日本の実業家。学位はMBA(ニューヨーク州立大学)。株式会社スタジオジブリ代表取締役社長。財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社代表取締役社長(初代)などを歴任した。

……
人物
母校への思い入れは強く、「創価教育同窓の集い」にて「創立者池田先生、そして創価同窓の皆さんに、勝利の報告をさせていただけることは、最高の誉れ」と語っている。「どんな時でもくさらず、前向きに『きっと創立者にお応えする人材になるんだ。』」をモットーとしている。また、星野の情熱の原点は「創立者と出会い『師の偉大さを証明しよう! 国際社会で活躍する人に!』と決めたこと」と語っている。一見すると順風満帆な人生だが、挫折を感じた際は「くじけそうになる度に、創立者の著書を読み返した」と述べている。


顕彰

創価大学に対する星野の寄附金を元に「星野基金」が運営されている。

■関連記事
フープス

■つぶやき
オン・ザ・エッジとライブドアの背景をディープスキャンすることで見えてくること

|

« フープス ver1.3 | トップページ | フープスからの考察 »

wiki拾い読み」カテゴリの記事