« 新経済連盟 ver1.3 | トップページ | 生化学工業の株主とプロジェスト »

2012年6月 7日

ルクセンブルクハウス

ルクセンブルクハウス
2003年4月に、これまで別々の場所にあった在京の大使館と大使公邸が千代田区四番町に新しく建てられた1つの建物に移転しました。 「ルクセンブルクハウス」と名づけられた地下一階、地上12階建てのこのビルは、1階が大使館、12階が大使公邸で、2階から11階は分譲住宅というこれまでに例のない形をとっています。事業者は三菱地所・神戸製鋼、施工者は鹿島建設、大使館部分の内装は丹下健三都市建築研究所によるものです。

丹下健三〜wikiより
丹下 健三(たんげ けんぞう、1913年(大正2年)9月4日 - 2005年(平成17年)3月22日)は日本の建築家、都市計画家。一級建築士。

年譜
1913年(大正2年) 丹下辰世(ときよ)とテイ(禎・禎子)の三男として大阪府堺市に生まれる。住友銀行社員であった父の転勤によって生後まもなく中国の漢口へ。数年後さらに上海のイギリス租界に移り住む。
1918年(大正7年) 上海日本人・尋常小学校入学。
1920年(大正9年) 父の出身地である愛媛県今治市に家族で帰郷。今治の第二尋常小学校に編入。

建築作品抜粋
1958年 旧草月会館 現存しない
1967年 電通旧本社ビル(現・電通テック本社ビル)
1977年 草月会館 (東京・赤坂)
1991年 新東京都庁舎
2000年 東京ドームホテル
2003年 ルクセンブルク大使館

加藤武雄〜wikiより
加藤 武雄(かとう たけお、1888年5月3日 - 1956年9月1日)は、小説家。号は冬海。
神奈川県津久井郡城山町生まれ。

……
津久井湖(城山ダム・城山大橋)方面から国道413号の都井沢交差点を左折し直進した先にある、城山発電所の構内を抜けて坂道を登り城山湖畔に向かう途中に加藤の文学碑がある。この文学碑は女婿の丹下健三が設計した。

城山町は近頃、オウム事件関連で話題の近辺ですね。

■参考記事
(株)丹下都市建築設計→港区六本木7-15-7→みずほ銀行六本木支店ビル→ハーデス・グループ拠点

日本橋通り二丁目ビル再検証参照

■つぶやき
ルクセンブルクハウスといえば--、ここをずっと読んでおられる方は分かるはず。
色んな方面から集中してきました。

|

« 新経済連盟 ver1.3 | トップページ | 生化学工業の株主とプロジェスト »

興味深い場所」カテゴリの記事