« セイクレストとゼクスから辿ってみる ver1.1 | トップページ | 昔のニュース〜Kiss-FM KOBE民事再生法申請 »

2012年4月28日

ルーデン・ホールディングス〜その1 ver1.5

ルーデン・ホールディングス(株) ※有報(H24)より

監査役 小山信二郎 市ヶ谷総合法律事務所
東京都千代田区五番町3-1 五番町グランドビル 901

五番町グランドビル
8F-瀬味証券印刷(株)東京本社

もろ上下階で、瀬味証券印刷ハコモノに接続。

宝くじの印刷会社→凸版印刷、共同印刷、瀬味証券印刷の3つ。

そもそも菱和ライフクリエイト人脈には→青木一男元大蔵大臣の次男である青木辰男氏(第一銀行出身)が。

会長はなぜ自殺したか〜金融腐敗=呪縛の検証より

会長はなぜ自殺したか〜金融腐敗=呪縛の検証/読売新聞社会部」を再読していたところ、藤森鐵雄元会長と青木辰男元副頭取の反目に興味が湧きました。
藤森氏は
木島力也氏との関係を、井上薫名誉会長からのしがらみ的な証言をしているのですが、青木氏は藤森氏が自分の影響力を強めるために、それを利用したのではないか、と言及しているのです。

ちなみに第一勧業銀行以降のお二人の経歴について、現在詳細を調べています。
藤森氏(第一銀行出身)は
白洋舎、ジャスコなど。
青木一男元大蔵大臣の次男である青木辰男氏(第一銀行出身)は
クレディセゾン菱和ライフクリエイトアライブコミュニティ、ザックコーポレーションなど。
青木一男氏の孫が小宮山洋子議員(民主党/前原グループ)ということは、姪にあたります。

藤森氏も青木氏も宮崎邦次氏(第一銀行出身)より前任の企画部長です。
第一勧銀の中枢に関わった人物から、どのような情報がどのような人物に流れたかについては知る術はありませんが、人脈の繋がりは公的資料で検証可能です。

【メモ】
この本では、1992年9月4日に築地の料亭吉兆で行われた木島氏の快気祝いの出席者が、宮崎邦次会長、奥田正司頭取、新井裕副頭取となっていますが、新井氏は既に第一勧銀を退任後で、実際は同年の6月から山万アーバンフロント(株)代表取締役です。

青木一男〜wiki

青木 一男(あおき かずお、1889年(明治22年)11月28日 - 1982年(昭和57年)6月25日)は、日本の政治家、官僚。
参議院議員(4期)。大蔵大臣、大東亜大臣を歴任。勲一等旭日大綬章。
娘婿に
加藤一郎(元東大総長)。小宮山洋子は孫(加藤一郎の娘)。

加藤一郎〜wiki

加藤 一郎(かとう いちろう、1922年9月28日 - 2008年11月11日)は日本の法学者である。専門は民法。従三位勲一等。法学博士。東大紛争時の東京大学総長としても知られる。民主党衆院議員・小宮山洋子は実娘。元自民党参院議員・青木一男は岳父。実父は北海道銀行頭取を務めた加藤守一
……
定年退官後、弁護士法第5条により司法試験合格者ではないが法学博士課程を有する大学の法学部法律学科の助教授ならびに教授を5年以上務めた事により弁護士登録、加藤・西田・長谷川法律事務所を開設した。
その他、財団法人
交通事故紛争処理センター理事長、証券取引審議会会長、国民生活審議会会長等も多く務め、一時はその肩書きは130を超えていたという。

■つぶやき
肩書き130を超える名士となれば、それはハココネのハブ人脈要人の一人ということでしょうね。
役員就任法人の所在地ハコモノと人脈を追えば、自ずと証明できるでしょう。

(公財)交通事故紛争処理センターは新宿モノリスビル25階へ移転予定。
新宿モノリスビルといえば→オリンパス

|

« セイクレストとゼクスから辿ってみる ver1.1 | トップページ | 昔のニュース〜Kiss-FM KOBE民事再生法申請 »

企業データ」カテゴリの記事