« 私物国家・広瀬隆著より〜その1 | トップページ | 日本ファミリーオフィス協会 ver1.6 »

2012年3月 6日

嘉納財閥〜wiki拾い読み

嘉納財閥

嘉納財閥(かのうざいばつ)は、「灘の生一本」で知られる、灘五郷の本家・本嘉納家(菊正宗)と分家・白嘉納家(白鶴)の酒造業を母体とする阪神財閥の1つ。

本嘉納家
……
明治に入り、商標令が公布されると(明治15年)本嘉納はすぐに「菊正宗」を登録、辛口の酒として宣伝し、大いに売り込むとともにいちはやく個人商店を会社組織に改めた(社名は本嘉納商店)本嘉納の当主は代々、治郎右衛門を襲名し(初代は材木屋治郎右衛門)、すでに八代嘉納治郎右衛門の時代になっていた。この八代目は、酒造業だけでなく、受験進学校として知られる灘高の前身、灘中学校の創立や兵庫運河の建設工事にも力を注いだが、男子に恵まれず、二代つづいて婿養子をとった。この婿取り・養子縁組によって本嘉納は、鴻池家とも縁続きになる。本嘉納八代の娘の婿養子になったのは、岡山の元貴族院議員で山陽銀行(後中国銀行)頭取を務めた土居通博の二男文治。昭和10年に九代を襲名し、以降25年間社長を務め、戦災により壊滅的な打撃をうけた灘の復興に力を尽くし、酒造業の近代化も進めた。元南海放送会長山中義貞とは義理の兄弟である。この九代も男子に恵まれず、4人娘のうち3人にそれぞれ婿養子を取り嘉納を名乗らせ、それぞれに分家名を与えた。長女
貴久子の婿養子になった嘉納毅六は、襲名など前近代的と考えたか、名前は変えないで、社名を本嘉納商店から菊正宗酒造に変えた。そして養父と同じ25年間社長を務めた後、昭和60年に本嘉納にとり久しぶりに恵まれた男子の毅人に社長の座を譲り会長になった。

本嘉納は輸出にも力を注ぐ伝統もあり、その始まりは八代が手がけた明治10年のイギリスへの輸出であった。それを十代当主となった毅六が受け継ぎ、世界十ヵ国にエリアを広げ、昭和45年には業界初の輸出貢献企業として表彰された。この嘉納毅六は、大正3年1月元ヤマサ醤油社長
濱口梧洞の六男として生まれた。毅六の長兄十一代濱口儀兵衛が娶ったのは、元東邦生命社長の五代目太田清蔵の妹で、この六代目太田清蔵(新太郎)の姉、つまり毅六の姪が嫁いでいるのが、一三代鴻池善右衛門である。

白嘉納
白嘉納・「白鶴」の当主は、本嘉納の治郎右衛門に対して、治兵衛を襲名してきた。先々代の社長は八代治兵衛を名乗った。白嘉納には分家らしい積極性がある。明治11年には業界に先駆けて今日では当たり前のビン詰め酒を発売した。「白鶴」の商標登録をし、嘉納合名会社を設立した明治30年頃には、生産・販売数量は業界一に躍り出ていた。トップの座は、戦災によって設備のほとんどを焼失するまでつづいた。昭和22年にそれまでの嘉納合名を白鶴酒造と改称しとときに社長に就任したのが先代社長の嘉納正治(明治44年5月生まれ)。戦後の混乱、困難期をリードした。襲名はしなかった。本嘉納も襲名していないので、治郎右衛門(本嘉納)、治兵衛(白嘉納)とも、名跡は途切れた。
嘉納正治には、本嘉納の八代、九代同様男子がなかったため、長女ひさに婿養子を迎えた。元外交官でホテルニューオータニの会長だった門脇季光の長男秀郎である。秀郎(昭和9年8月生まれ)は、昭和48年に三菱商事から白鶴に転じ、58年に養父の後を受けて白鶴酒造の社長になった。

灘中学
灘高をつくったのは、本嘉納と白嘉納の両家に、やはり灘の「桜正宗」の山邑酒造を加えた三家だった。昭和2年に灘育英会資金20万円を作り、灘中学校として発足させた。基金は三家で用意したが、学校全般の基礎づくりをしたのは、本嘉納の一族、講道館創設者の嘉納治五郎であった。治五郎は、古来より伝えられた柔術に改良と創意を加え、講道館柔道を完成させた。治五郎は、日本体育協会創設者で、初代会長にもなっている。また、初代のIOC日本委員会でもあり「日本の体育の父」とも呼ばれる。講道館三代目館長で治五郎の二男嘉納履正が、柔道の国際化を推し進め、早くから五輪参加を呼びかけていた。それが実現したのが、昭和39年の東京オリンピックだった。

■メモ
嘉納貴久子の姉妹・文子の婿・近藤五郎(嘉納五郎)の娘・美智子と結婚したのが、涌井洋治・元大蔵省主計局長。(「私物国家」広瀬隆著76Pより)
「官僚疑惑」歳川隆雄著によると、涌井氏は谷郶龍二(谷部龍二)公認会計士の事務所で一時期アルバイトとをしていた女性と再婚(P37)とあるので、美智子さんのことでしょうか。

■参考記事
マルキン忠勇

■つぶやき
創通が白鶴ビルにある謎が解けそうですね。

嘉納家からは名古屋伊藤財閥に繋がります。

|

« 私物国家・広瀬隆著より〜その1 | トップページ | 日本ファミリーオフィス協会 ver1.6 »

wiki拾い読み」カテゴリの記事