« 九段南3−3−6再び | トップページ | 芹沢政光公認会計士事務所 ver1.1 »

2012年1月25日

エレボスとメビウス

エレボス--wikiより
エレボス(Erebos)とは、ギリシア神話に登場する神。 原初の幽冥を神格化したもの。名前は「地下世界」を意味する

また、地下の暗黒の神でもあり、しばしばタルタロスと混同される。ニュクスの兄弟にして夫で、彼女との間にヘーメラーとアイテールとカローンをもうける。ニュクスとヘーメラーが昼と夜の表裏一体であるように、エレボスと息子のアイテールも、
地下の暗黒と上天の光明という表裏一体をなす

メビウスの帯--wikiより
数学的には、メビウスの帯は連結・コンパクトで向き付け不可能な種数1・境界成分数1の2次元多様体(曲面)であるといえる。向き付け不可能とは表と裏の区別をつけることができないということである(単側性ともいう)。

大きな地図で見る

■参考記事
アジア刑政財団の所在地

|

« 九段南3−3−6再び | トップページ | 芹沢政光公認会計士事務所 ver1.1 »

メモ」カテゴリの記事