« 大阪府立八尾高等学校 ver1.1 | トップページ | 自治体国際化協会 ver2.3 »

2011年12月24日

世界連邦運動〜wiki連鎖 ver1.7

世界連邦運動

世界連邦運動(World Federalist Movement、WFM)は、世界の全ての国家を統合した世界連邦の成立を目指す国際的な非政府組織である。

日本での活動
日本では終戦直後に
尾崎行雄ら有志の議員が「世界連邦建設に関する決議案」を国会に提出。1948年には世界連邦建設同盟が結成され尾崎行雄が会長に、賀川豊彦が副会長となって活動を開始した。また運動第五代会長には湯川秀樹が就任している。世界連邦建設同盟は現在世界連邦運動協会と名を変えて活動している。また、協会の活動を推進するために以下の団体がある。

世界連邦日本国会委員会
世界連邦日本宗教委員会
世界連邦日本仏教徒協議会
世界連邦全国婦人協議会
世界連邦宣言自治体全国協議会
世界連邦推進日本協議会

 

世界連邦日本国会委員会の歴代会長
第11代
 村田敬次郎
第12代 石川要三
第13代 森山眞弓
第14代 中野寛成海事振興連盟 副会長(会長は衛藤征士郎議員)
追記
第15代 鳩山由紀夫
第16代 横路孝弘

村田敬次郎

村田 敬次郎(むらた けいじろう、1924年〈大正13年〉2月12日 - 2003年〈平成15年〉4月2日)は、日本の政治家、自由民主党衆議院議員。愛知県豊橋市出身。正三位勲一等。

略歴・人物
豊橋一中(現、愛知県立時習館高等学校)などを経て、旧京都帝国大学法学部に進学。その後1949年(昭和24年)に当時の
自治省に入省し、愛知県部長を経て、1969年(昭和44年)に衆議院総選挙で初当選を果たす。以後、当選連続10回。

自由民主党では福田派に属し、1984年(昭和59年)11月1日成立の第二次中曽根康弘第一次改造内閣において通商産業大臣、宇野内閣時において、自民党政調会長、1992年(平成4年)12月12日成立の宮沢改造内閣において、
自治大臣兼国家公安委員長を歴任。

一柳良雄

一柳 良雄(いちりゅう よしお 1946年1月3日 - )は、大阪府出身の元通産官僚。経営コンサルタント。”志・情熱・信頼”をモットーに、志を共有する仲間と日本(社会)をよくすることを究極の目標として経営戦略コンサル、行政、政治との橋渡しをする政策規制コンサル、若者の夢を育てるベンチャー支援、更には人材育成にも注力。テレビキャスターも務める。

来歴・人物
1984年11月
村田敬次郎通産大臣秘書官
2000年7月 天下りをせずに一柳アソシエイツを設立。代表取締役兼CEO
2003年2月
サーラコーポレーション監査役
2006年2月 サーラコーポレーション社外取締役

※(株)サーラコーポレーション→愛知県豊橋市駅前大通1-55 サーラタワー

石川要三

石川 要三(いしかわ ようぞう、1925年7月6日 - )は、日本の政治家。
防衛庁長官(第49代)、衆議院議員(8期)、青梅市長(2期)、青梅市議会議員を務めた。

関連項目
並木心 -
羽村市長。石川の私設秘書。

■羽村市
羽村市といえば
(株)多賀製作所→東京都羽村市神明台3-1-8
多賀製作所=ローヤル電機(株)※小野グループの連結子会社

賀川豊彦

賀川 豊彦(かがわ とよひこ、1888年(明治21年)7月10日 - 1960年(昭和35年)4月23日)は、大正・昭和期のキリスト教社会運動家、社会改良家。戦前日本の労働運動、農民運動、無産政党運動、生活協同組合運動において、重要な役割を担った人物。日本農民組合創設者。「イエス団」創始者。キリスト教における博愛の精神を実践した「貧民街の聖者」として日本以上に世界的な知名度が高い。茅ヶ崎の平和学園の創始者である。
……
1920年(大正9年)に自伝的小説『死線を越えて』を出版、一大ベストセラーとなり、賀川の名を世間に広めた。印税はほとんど関与した社会運動のために投じられた。また同年、労働者の生活安定を目的として神戸購買組合(灘神戸生協を経て現・コープこうべ=日本最大の生協)を設立、生活協同組合運動にも取り組んだ。

賀川豊彦献身100年記念実行委員会より

生活協同組合コープこうべ

日本流通産業株式会社(同社ホームページ)

本社:大阪市中央区本町三丁目1番15号

役員
副会長     山西義政     (株)
イズミ取締役会長   
代表取締役会長    
清水信次     (株)ライフコーポレーション代表取締役会長兼CEO
代表取締役社長     大桑堉嗣     (株)オークワ代表取締役会長兼CEO
代表取締役副社長     山西泰明     (株)
イズミ代表取締役社長
代表取締役副社長     本田英一     生活協同組合
コープこうべ組合長理事
代表取締役副社長     大見英明     生活協同組合コープさっぽろ理事長
代表取締役副社長     佐藤総二郎     (株)さとう代表取締役社長
代表取締役副社長     中村雄一     (株)サニーマート代表取締役会長
代表取締役副社長     折田譲治     (株)サンエー代表取締役会長
代表取締役副社長     夏原平和     (株)平和堂代表取締役社長
代表取締役副社長     山澤進     (株)ヤマザワ代表取締役会長

・考察
清水信次氏と大阪市中央区本町三丁目1番15号といえば→松久と流通株買い占め人脈参照

尾崎行雄

尾崎行雄(おざき ゆきお、安政5年11月20日(1858年12月24日) - 1954年(昭和29年)10月6日)は、日本の政治家。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」、「議会政治の父」と呼ばれる。正三位勲一等(1946年(昭和21年)5月4日付返上)。伊勢神宮内宮前・合格神社の祭神

号は咢堂(がくどう。最初学堂。愕堂を経て咢堂)。称号は衆議院名誉議員、東京都名誉都民。世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)初代会長

★(一財)尾崎行雄記念財団参照

|

« 大阪府立八尾高等学校 ver1.1 | トップページ | 自治体国際化協会 ver2.3 »

三極委員会・世界連邦運動」カテゴリの記事