« 中川無線電機の沿革とその周辺+長崎屋 ver1.6 | トップページ | ロト6:第616回:半田パワードームCC »

2011年12月23日

タカラパックの謎

■タカラパックの謎
探偵ファイル(宝くじのイカサマをスッパ抜く←券組みの流れ図あり(赤箱梱包&券組み)

この説明だと、何がイカサマなのかはいささか不明ですが、重要なのは探偵ファイルとSFCGが繋がりがあるということです。
つまり、宝くじに関するソースはSFCG、つまり元B&Bの会会員である大島健伸氏の可能性もあるということです。
探偵ファイルでは、上記記事ではイカサマと言いながら、宝くじ攻略記事も掲載されている点が逆に不審です。

探偵ファイル◆独占公開◆当選者だけが知っている宝くじの秘密

■「凋落 木村剛と大島健伸高橋篤史著より

P124
大島は個人会社を通じて探偵会社大手の「ガルエージェンシー」に出資していたが、これも回収効率を上げるためだった。

たしかに、自分も探偵ファイルで出資に関する記事を読んだ憶えがあります。
これだったか?→探偵ファイル(大島氏逮捕につき、関わった者としてモノ申す)

まあ、タカラパックに関しては会社の履歴や役員の動きを詳細に見れば、興味深いところはあります。
そもそも、みずほドリームパートナーが業務をやれば不要で、外出しする意味がわからない、というのは私も意見は同じです。

すり替えられた日宝業務センター
参照
タカラパックとプライムシステム参照

|

« 中川無線電機の沿革とその周辺+長崎屋 ver1.6 | トップページ | ロト6:第616回:半田パワードームCC »

宝くじの闇」カテゴリの記事