« 星新一と上伊那郡箕輪町と北佐久郡 | トップページ | 長野県閥研究その2 »

2011年10月27日

長野県閥研究その1

箕輪町 政治団体 官報で検索

その結果、箕輪町周辺の寄附を集めていると判ったのは--
創和会宮下一郎後援会)と宮下創平後援会

宮下一郎議員--wikiより
宮下 一郎(みやした いちろう、1958年8月1日 - )は日本の政治家、自由民主党に所属する前衆議院議員(2期)。長野県伊那市出身。父は元衆議院議員の宮下創平
東京都立戸山高等学校を経て、1983年東京大学経済学部を卒業。
住友銀行に入行。1991年銀行を退社し、父宮下創平の秘書官となる。
2003年11月、父の後を継ぎ第43回衆議院議員総選挙に出馬し初当選を果たす。
2005年9月再選。2007年8月29日、安倍改造内閣で財務大臣政務官に任命された。

宮下一郎議員の政治団体といえば
創風会代表者: 中條高徳

中條氏といえば
・旧制松本高等学校出身抜粋
著名な出身者
藤森昭一 - 日本赤十字社社長、宮内庁長官
宮下創平 - 防衛庁長官、環境庁長官、厚生大臣
山本重信 - 通商産業事務次官、トヨタ自動車会長(1985年6月- )
→日野自動車工業(現・日野自動車)会長
山本鎮彦 - 警察庁長官(1978年~1981年)
→財団法人保安電子通信技術協会会長、さくら銀行顧問など
山本幸雄 - 自治大臣、国家公安委員会委員長
(第1次中曽根内閣
稲葉興作 - 日本商工会議所会頭

井上薫 - 第一勧業銀行初代会長
堀田庄三 -
住友銀行頭取、"住銀中興の祖"→経済同友会代表幹事、大正製薬社長の上原明は二男
吉川清一 - 清水建設社長
吉野平八郎 - 東武百貨店社長

同台経済懇話会--wikiより
2010年(平成22年)時点役員
代表幹事 -
山本卓眞(富士通名誉会長) 58期
副代表幹事
   山口信夫(
旭化成会長・日本商工会議所名誉会頭) 58期
   下山敏郎(元
オリンパス光学工業(現 オリンパス)最高顧問) 58期
   神田延祐(元第二電電(DDI)社長・三和銀行副会長) 59期
   石野清治(元
資生堂会長・厚生次官) 59期
   澁井英夫(元
中外製薬副社長) 60期
   
中條高徳(元アサヒビール副社長) 60期
   中村文俊(極東産業代表取締役会長) 61期
   白川浩司(設計事務所代表) 61期
   
福田一彌日宝販相談役・元第一勧銀常務) 幼47
   小長啓一(元アラビア石油会長) 幼48
   辻川健二(軍事史学会副会長) 防5
   岩崎俊雄(クレスコ会長) 防9
常任幹事 野地二見(元DDI常任顧問・産経新聞社取締役) 59期


・その他
1)志士経営者倶楽部から都市綜研インベストバンク人脈へ
2)氏の住所は登記簿上は九段北になっているが、同ビルに
日本児童家庭文化協会理事。
また、周辺にある(あった)複数の企業が色々と興味深い。

■中條氏が寄附した他の政治団体(官報より)
翔武会/武部 勤議員
翼雄会/羽田雄一郎議員
遠山会/亀岡偉民議員

亀岡偉民議員--wikiより
栃木県下都賀郡国分寺町出身
高校時代は作新学院高等学校の捕手として江川卓とバッテリーを組んだ。早稲田大学では山倉和博の控え捕手であった。大学卒業後は熊谷組に入社。後に、早稲田大学野球部助監督を務める。

叔父である亀岡高夫元建設相と養子縁組し、選挙地盤を引き継ぐ後継者として1990年から衆議院議員総選挙に4回連続で立候補するも、総て落選した。

羽田雄一郎議員--wikiより
祖父・羽田武嗣郎(衆議院議員)
父・
羽田孜(首相)
新潟県の敬和学園高等学校、玉川大学文学部芸術学科卒業後、伊藤忠記念財団に勤務。

|

« 星新一と上伊那郡箕輪町と北佐久郡 | トップページ | 長野県閥研究その2 »

人脈・コネクション」カテゴリの記事