« 長野県閥研究その2 | トップページ | 白山と監査法人 ver1.1 »

2011年10月27日

正田醤油館林工場の白山神社 ver1.1

正田醤油館林工場敷地内の白山神社

大きな地図で見る

正田貞一郎--wikiより
正田 貞一郎(しょうだ ていいちろう、明治3年(1870年)2月28日 - 昭和36年(1961年)11月9日)は、日本の実業家。日清製粉創業者。元貴族院議員。群馬県館林市名誉市民。正五位勲三等。

美智子皇后、日清製粉グループ本社会長・正田修の祖父。

……
略年譜
1901年(明治34年)
    12月 - 館林製粉会社、臨時総会を開いて役員を改選し初代根津嘉一郎、浅田正文、茂木啓三郎等中央財界に名前の通った人を役員とする。
取締役社長に初代根津嘉一郎が就任する。
1907年(明治40年) - 東京市小石川区小日向台町(現・文京区)に居を構える。
1942年(昭和17年)
    11月 -
東武鉄道株式会社取締役会長に就任。

正田英三郎--wikiより
正田 英三郎(しょうだ ひでさぶろう、1903年9月21日 - 1999年6月18日)は日本の実業家。群馬県邑楽郡館林町(現・館林市)出身。
日清製粉グループ本社の創業者・正田貞一郎の三男として生まれたが、長兄・明一郎(貞一郎の長男)が早世し、次兄・建次郎(貞一郎の次男)が数学者となったので、英三郎が父の跡を継いだ。皇后美智子の実父である。

正田建次郎--wiki

|

« 長野県閥研究その2 | トップページ | 白山と監査法人 ver1.1 »

白山の謎」カテゴリの記事