« ヤマトマテリアルとRFID | トップページ | 【IR】東京センチュリーリース »

2011年9月 4日

東京スター銀行

東京スター銀行--wikiより
当初はアメリカの投資ファンド会社ローンスターが筆頭株主となり、積極的な投資支援を行い東京信用組合・東京中央信用組合・千葉県商工信用組合・中部銀行の営業の全て若しくは一部を譲り受け、東京スター銀行に継承させた他、西友グループのノンバンクで1990年代からの多額の不良債権により破綻状態であった(西友の経営不振と、それに伴うセゾングループ解体の元凶ともされる)「東京シティファイナンス(TCF)」グループ3社と、りそなショックに伴うリストラ策でりそなグループの「総合住宅ローン」を買収。これを機に統合しTSBキャピタルとし、東京スター銀行のノンバンク部門を請け負うこととなった。

主な商品
スターワン口座

ATM設置箇所
大学
    東京大学本郷キャンパス(東京都文京区) - 生協売店内に設置。
   
星薬科大学(東京都品川区) - 生協内に設置。
    東京大学駒場キャンパス(東京都目黒区) - 駒場コミュニケーションプラザ購買部内に設置。
    和光大学(東京都町田市
    明治学院大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市戸塚区) - G館横浜生協ショップ内に設置。
    愛媛大学農学部キャンパス(愛媛県松山市) - 大学生協ショップ内に設置。

【考察】
メモ記事程度。
スターワン→和訳すれば星一

星一
氏(wikiより)
福島県いわき市出身の実業家。「製薬王」と呼ばれた。略称、ホシピン。SF作家星新一の父。写真植字機を開発した石井茂吉と森澤信夫が出会うきっかけとなった星製薬の設立者であり、星薬科大学の創立者でもある。

1924年(大正12年):戦友共済生命保険を買収し、社長に就任。
1925年(大正14年):阿片令違反で起訴される(その後無罪判決)。

事業のその後
星一が設立した星製薬はその死の前後から急激に経営が悪化し、ニューオータニグループのもとで再建が行われた。その後「
株式会社テーオーシー 」(略称TOC)と改称し、販売部門を分離独立して新たな子会社として「星製薬株式会社」が設立された。2003年、TOCの製薬部門とその販売部門である上記「星製薬株式会社」が統合され、製造ラインを持つ新・新「星製薬株式会社」が誕生した。ただし、収益の大半は不動産事業によるものであり、製薬事業部門の寄与度は小さい。

一方、会社創立時に社内に設置した教育部は「星薬業講習会」へと発展し、「星製薬商業学校」→「星薬学専門学校」を経て、現在の星薬科大学の母体となった。戦友共済生命保険は金融恐慌の際に経営が悪化し、第一徴兵保険に保険契約を包括移転した。

第一徴兵保険→その後の東邦生命保険

TOCビルにかつて入っていた会社や現在入っている会社を見てみると、かなり興味深いです。

【メモ】
東京スター銀行→椎名武雄氏もかつて、社外取締役でした。
取締役の選任・退任について : 東京スター銀行(pdf)

【つぶやき】
星一徹&梶原一騎

|

« ヤマトマテリアルとRFID | トップページ | 【IR】東京センチュリーリース »

企業データ」カテゴリの記事