« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日

アールエフ・レボリューション設立記事

Rfrevo

■関連記事
岩谷産業からのコネクション
外神田3丁目狂騒曲
(財)国際臨海開発研究センター→篠沢恭助・元大蔵事務次官=システム・ロケーション(株)顧問
→神野吾郎サーラコーポレーション社長

|

ワイズテーブルコーポレーション株主

■ワイズテーブルコーポレーションズの株主について
筆頭株主は金山精三郎代表取締役社長で、第3位以下の所有割合は少ないので、第2位株主に注目します。

・有報での確認
2007年2月-AI・ダイニングファンド(株)-千代田区内幸町1-1-1
2008年2月-AI・ダイニングファンド投資事業有限責任組合-千代田区内幸町1-1-1
2009年2月-同上
2010年2月-同上
2011年2月-マーチャント・バンカーズ(株)-千代田区内幸町1-1-1

■AI・ダイニングファンド(株)
2007年2月7日設立
2007年12月25日解散

代表取締役
設立-2007.9
森本晃一 (株)Y's & partners、パートナー
代表取締役
2007.9-解散
鈴木啓司 (有)ネモフィラ 取締役
(有)エンプレオ 取締役
(有)ノーブル・ライフ 取締役
(有)エストレア 取締役
フードビジネスパートナーズ(株)取締役
など

(株)Y's & partnersは庄司靖会長、阿部夏朗社長の会社です。
名前のとおり、役員はワイズテーブルコーポレーション繋がりです。
鈴木啓司氏は、アセット・マネジャーズ子会社で
千代田区内幸町1-1-1所在地の有限会社などを多く任されているようです。
マーチャント・バンカーズ(株)は旧・アセット・インベスターズ(株)なのでアセット・マネジャーズ関連です。

(株)Y's & partners
2006年11月17日設立
2009年4月1日-港区六本木4-9-2 
俳優座ビル 718号、(有)スタイリッシュパートナーズを合併

東京都港区六本木6-1-20

東京都港区六本木2-3-9(2009年4月1日移転)
東京都渋谷区広尾1-11-5(2011年8月1日移転)

役員抜粋

代表取締役会長 庄司靖 ワイズテーブルコーポレーション人脈参照
代表取締役社長 阿部夏朗 1998年5月-アンダーセンコンサルティング 入社
※現 アクセンチュア(株)
2002年8月-(株)ワイズテーブルコーポレーション 入社
2002年10月-同社 経営企画室長
2004年10月-夢の街創造委員会(株)取締役
2004年11月-同社 取締役副社長
2009年4月-(株)Y's & partners 取締役
2009年9月-(株)Y's & partners 代表取締役
取締役 長浜周生 弁護士(長濱総合法律事務所代表)
2004年6月-(株)プライム・リンク 監査役
2006年11月-(株)Y's & partners 取締役
2007年1月-(株)アスラポート・ダイニング 監査役
取締役 吉田茂 1999年10月-監査法人トーマツ 入所
2003年7月-公認会計士登録
2006年5月-(株)ワイズテーブルコーポレーション 入社
財務・IRグループマネジャー
2006年11月-
(株)Y's & partners 取締役
2006年12月-タカラビルメン(株)監査役
2008年9月-(株)Y's & partners 執行役員
2009年5月-同社 取締役
パートナー 森本晃一 誠栄監査法人 代表社員

■考察
派生するコネクションが色々あります。
先ず、阿部社長が副社長を務めた、夢の街創造委員会ですが、この会社の筆頭株主は現在カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)です。

CCCといえば、(株)サンレジャー→小野グループ東京本社→(株)Dream Share
また、夢の街創造委員会は元の筆頭株主ヤフー(株)との関係もあります。
ヤフー(株)監査役が同会社の監査役であります。
茶山幸彦監査役→富士銀行米州部長、セイコーインスツルメンツ(株)社長、ヤフー(株)監査役
他の人脈連鎖としては(株)日本エル・シー・エーや(株)リビングコーポレーション=SBIライフリビング(株)などがあります。
リビングコーポレーションの株主メンバーとSBIホールディングスによる公開買付のことを考えると興味深いです。

それと、内幸町1−1−1がやたら登場しますね。
日本のケイマンでしょうか?

■メモ
株式会社 Dream Share
設立年月日:2009年4月1日
本社所在地:東京都港区高輪2丁目15番21号 高輪小野ビル 2階
代表取締役社長:内田 健(2010年2月、(株)サンレジャー 取締役就任)
主要株主:株式会社サンレジャー
主要取引先:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、株式会社ヴァーテックス、エスケイネット株式会社、プレンティー株式会社等

■メモ
六本木4-9-2 俳優座ビル 706号
(株)ドリーム・ウィーバー
代表取締役:天下井隆二

■つぶやき
夢の街創造委員会、ドリーム・ウィーバー、Dream Shareと、夢、ドリーム、Dreamの連鎖です。

第一勧銀→小野グループ→CCC←夢の街委員会←ワイズテーブルコーポレーション←日債銀
そもそも、勧銀の増田篤氏は日本宝くじ販売・初代社長なのですが、CCCの増田社長とは姻戚関係でもあるのでしょうか?
※日本宝くじ販売は後の(株)日宝販で現在のケイ・エス・オー(株)

■参考記事
サンレジャーと第一勧銀人脈
夢〜ドリームが付く企業

|

2011年9月28日

ワイズテーブルコーポレーション人脈

■(株)ワイズテーブルコーポレーション 役員抜粋

取締役副社長 庄司靖 1991年4月-(株)日本債券信用銀行 入行
2000年4月-プライベートエクイティジャパン(株)入社
2000年7月-同社取締役
2002年5月-(株)ワイズテーブルコーポレーション 専務取締役管理本部長
2002年11月-プライベートエクイティジャパン(株)退任
2005年5月-(株)ワイズテーブルコーポレーション 取締役副社長
2006年11月-(株)Y’s & partners 代表取締役
2006年12月-タカラビルメン(株)取締役
2009年12月-(株)パルマSVC 代表取締役
2010年3月-タカラビルメン(株)退任
2010年5月-(株)ワイズテーブルコーポレーション 退任
取締役 林哲治郎 1968年4月-第一生命保険相互会社 入社
1995年7月-同社 取締役
1998年4月-同社 常務取締役
2003年4月-第一リース(株)代表取締役社長
2006年4月-相互住宅(株)代表取締役社長
2007年5月-(株)ワイズテーブルコーポレーション 取締役

■考察
ワイズテーブルコーポレーションにも日債銀出身でタカラビルメン役員の方がいます。
プライベートエクイティジャパン(株)は、馬場和明氏が創業社長の会社です。
1999年の創立時の所在地は大和生命ビルです。

■参考記事
アンティグア・バーブーダ

|

2011年9月27日

日本土地建物(株)〜所在地と株主 ver1.1

日本土地建物(株)
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル

日本勧業銀行系の不動産会社で、昔は役員のほとんどは勧銀OBが占めていました。
書くことが多くなりますので、今回は所在地と株主についてのみです。

■所在地
霞が関官庁街の末端に位置する日本土地建物本社ビルには官僚天下り法人も入居しています。
つまり官庁街、いや官僚街に密接というのが大きなポイントです。
位置的に霞が関、虎ノ門、内幸町、これらの狭間にあるのが、日本土地建物です。

同ビルにある一般社団法人・電波産業会より地図を拝借

Map_nittochi

地図上に白山祝田通りというのがありますが、
東京都道301号白山祝田田町線というのは--
起点: 東京都文京区白山5丁目(千石駅前交差点) (国道17号白山通り)→参考記事:文京区白山の白山神社
終点: 東京都港区芝5丁目(札の辻交差点) (国道15号)→参考記事:港区芝5丁目
延長: 9,309m

■2007年10月時点の株主
第三者増資などで現在は有報掲載範囲から落ちている、三都興業(株)と日本ハーデス(株)がポイントです。
※三都興業は港区芝5丁目です。

Ntochikbabunusi

■1998年10月時点の株主
株主の(株)ヒビヤ・エージェンシーは三都興業に合併吸収されます。
自己株式に(株)日宝販勧友商事(株)があるのがポイントです。
※勧友商事の自己株式は現在でもあります。

Ntochi2

|

2011年9月26日

熊本県菊池郡

■ヤマトマテリアル(株)九州営業所
熊本県菊池郡菊陽町津久札3960-1-401

■富士フイルム九州(株)
熊本県菊池郡菊陽町津久礼2900

■松岡利勝熊本事務所・自民党熊本県第3選挙区支部
熊本県菊池郡菊陽町津久礼2448-5

■HOYA(株)熊本工場
熊本県菊池郡大津町大字高尾野字平成272-3

■本田技研工業(株)熊本製作所
熊本県菊池郡大津町大字平川1500

■(株)ホンダソルテック
熊本県菊池郡大津町大字平川2042

■マーチャント・バンカーズ(株)-旧・アセット・インベスターズ(株)
東京都千代田区内幸町一丁目1番1号
沿革:
平成6年10月:本社を福岡県春日市より熊本県菊池郡泗水町(現菊池市泗水町)に移転。

■考察
菊陽はロト6の1等が良く出ています。
ロト6高額当せん履歴
第40回/2001.7.5/118,547,100円/菊陽サンリー寿屋チャンスセンター/熊本県菊池郡菊陽町津久礼2472
第348回/2007.6.21/83,409,800円/菊陽ジャスコチャンスセンター/熊本県菊池郡菊陽町津久礼2472
第446回/2009.5.21/38,559,600円/菊陽ジャスコチャンスセンター/熊本県菊池郡菊陽町津久礼2472
第508回/2010.8.5/160,256,700円/菊陽ジャスコチャンスセンター/熊本県菊池郡菊陽町津久礼2472

|

長崎屋人脈 ver1.2

中央区所在地時の(株)長崎屋

東京都中央区東日本橋3-7-14
東京都中央区東日本橋1-1-5(2002年10月23日移転)
東京都目黒区青葉台2-19-10(2009年9月1日移転)

2000年5月19日-東京地方裁判所の更生手続開始
2002年6月30日-東京地方裁判所の更生計画認可
2006年7月11日-東京地方裁判所の更生手続終結

■役員抜粋

取締役
1997.5-2001.5
藤野宣明 1999年2月-(株)長崎屋エステート 代表取締役
(株)流通戦略総合研究所 執行役員
グリーンIT協同組合 理事
取締役
1998.5重任-1999.5
岩崎信夫 2005年11月-(株)陽光エステート 取締役
2005年11月-(株)九段エステート 取締役
取締役
1998.5重任-2000.5
北島一雄 (株)流通戦略総合研究所 専務取締役
グリーンIT協同組合 顧問
取締役
1998.5-2000.5
北畑慶久 1990年3月-(株)第一勧業銀行 徳山支店長
2000年6月-東京ベンチヤーキヤピタル(株)取締役
2002年4月-(株)ティー・ヴィー・シー・ファイナンス 代表取締役
2002年6月-(株)ハートファイナンス 取締役
2005年6月-(株)タウンドリーム 代表取締役
2007年2月-(株)CSリサーチ 代表取締役
2009年6月-日本ハーデス(株)監査役
取締役
1999.5-2001.5
山本善彦 1983年4月-(株)第一勧業銀行 西大寺支店長
1990年8月-(株)第一勧業銀行 東虎ノ門支店長
1992年4月-(株)第一勧業銀行 審査第四部長
1996年6月-(株)日宝販 取代表締役
1996年6月-(株)日宝業務センター 取締役
1996年6月-宝成不動産(株)取締役
1996年6月-(株)企画研究所 取締役
1996年6月-(株)東京日宝販 取締役
1996年6月-(株)神奈川日宝販 取締役
1996年6月-(株)愛知日宝販 取締役
未詳-(株)ソシエテ九段 取締役
2000年6月-(株)第一勧銀ビジネスサービス 代表取締役
2003年6月-(株)クロノス 監査役
2004年6月-日本ハーデス(株)監査役
取締役
1999.5-2001.5
渥美俊弘 1968年4月-(株)長崎屋 入社
2000年4月-(株)ライフコーポレーション 入社
2006年5月-同社 取締役
代表取締役
2002.6-2006.7
取締役
2002.6-2007.10
橋本 浩 キョウデングループ 創業者兼会長
代表取締役
2003.3-2008.4
上山健二 1988年4月-(株)住友銀行 入行
1999年5月-(株)ジャック(現・カーチスホールディングス)入社
2001年6月-同社 代表取締役社長
2008年10月-(株)GABA 入社
2008年12月-同社 最高執行責任者(COO)
2009年3月-同社 代表取締役社長兼CEO
取締役
2003.2-2004.5
監査役
2002.6-2003.2
安藤剛照 1970年4月-(株)日本不動産銀行 入行
1997年6月-同行 取締役総務部長
1999年5月-(株)キョウデン 連結管理本部長
2000年1月-(株)ケー・ディー・ティー 取締役
2000年6月-同社 取締役退任
2000年6月-
昭和KDE(株)取締役
2000年10月-(株)サンマリ東京 監査役
※後の(株)キョウデンエリアネット
2001年5月-(株)キョウデンプランニング 取締役
2001年6月-(株)
九九プラス 代表取締役副社長
2002年11月-(株)キョウデンプランニング 取締役辞任
2003年6月-(株)
キョウデン 取締役
2006年6月-
昭和KDE(株)代表取締役社長
取締役
2004.5-2007.10
監査役
2003.2-2004.5
石瀬明人 1976年4月-(株)日本不動産銀行 入行
2001年10月-同行 新宿支店長
2002年9月-(株)
キョウデンに出向経営推進室長
2003年6月-(株)
九九プラス 取締役
2003年6月-(株)
キョウデン 取締役
2003年10月-(株)キョウデンプランニング 取締役
2005年6月-
昭和KDE(株)取締役
2007年6月-(株)ネットクエスト 取締役退任
監査役
1997.5-2000.5
藤沼賢次 1978年5月-(株)第一勧業銀行
1983年10月-(株)第一勧業銀行 営業第四部長
1986年5月-(株)第一勧業銀行 取締役・京橋支店長
1989年5月-(株)パルコ 代表取締役専務取締役
1994年6月-電気化学工業(株)監査役
監査役
2002.6-2007.5
佐々木一男 1969年4月-住友信託銀行(株)入行
1995年6月-同行 融資部次長
2001年8月-(株)キョウデン 総務部長
2002年6月-同社 執行役員総務部長
2003年4月-(株)サンマリ東京 代表取締役
※後の(株)キョウデンエリアネット
2008年6月-昭和KDE(株)監査役
監査役
2003.22007.11
中西彦次郎 1974年4月-(株)日本不動産銀行 入行
1999年7月-(株)キョウデンに出向海外事業部長
2000年6月-同社 執行役員総合企画室長
2002年6月-
昭和KDE(株)取締役
2002年11月-(株)キョウデンプランニング 取締役
2003年
4月-(株)サンマリ東京 取締役
※後の(株)キョウデンエリアネット
2003年6月-(株)九九プラス 取締役
2003年10月-(株)キョウデンプランニング 取締役辞任
2007年6月-(株)
ネットクエスト 取締役
監査役
2004.5-2007.11
小峰武次 1978年4月-三洋証券(株)入社
2000年12月-(株)キョウデン 入社
2003年3月-同社 経営推進室次長
2006年12月-大江戸温泉物語(株)監査役
2007年6月-(株)九九プラス 監査役
2008年6月-(株)キョウデン 経営推進室長
監査役
2007.52007.11
市原敏明 2008年7月-(株)キョウデンファインテック 監査役
監査役
2007.11-未詳
瀧口健 1974年4月-(株)住友銀行 
1999年4月-同行 錦糸町法人部部長
2005年5月-(株)ドン・キホーテ 入社
2008年11月-同社 執行役員・経営管理本部長
2010年2月-(株)フィデック 入社・社長代行
2010年4月-同社 代表取締役社長

■考察
長崎屋から展開する人脈。
第一勧銀からは日宝販日本ハーデス人脈も入っております。
そして、管財人がキョウデンの橋本浩会長だったことが一番のポイントのように思います。
キョウデン関連会社のいくつかが、みずほ銀行六本木支店ビル=新六本木ビルに入っていたことは、この長崎屋の接点と無関係とは思えません。
思えば、長崎屋に関してはサンクス売却と小野グループの件もありました。
小野グループも宝くじ関係の人脈とどういう理由か、多く交わっているのが興味深い点です。
フィデックでは旧アドバックス人脈とも繋がります。
また、ライフコーポレーションに人脈が流れているところも大きなポイントです。

■メモ
昭和KDEの旧所在地(渋谷区元代々木町30-13)は、現在の(株)GABA所在地です。
ここに登場する企業の所在地のいくつかは交錯しています。

■つぶやき
サンバード長崎屋、サンバードといえば→Mozilla Sunbird
サン=太陽
日本国の象徴である、太陽=サン、あさひ(アサヒ、朝日、旭)、サンライズ、ライジング・サンなどは企業成功のためのキーワードである。
決してサンセットなどという企業名にしないように。
※揶揄や当てこすりと思われます。

余談ですが、サン・マイクロシステムズのサンはStanford University Network由来だそうです。
スタンフォード大学は、これはこれで要マークな大学ではありますが。

■関連記事
宝くじの闇を解明する(#2−ジェイボックとタカラビルメン
長崎屋に関する記事リンク
松久と流通株買い占め人脈
第一勧銀と小野グループ〜その2

|

長崎屋に関する記事リンク

過去の記事と資料リンク

再建を目指す長崎屋 井上民雄社長に聞く
日食 1993/07/05

長崎屋を倒産に追い込んだ20年前の経営ミス
2000年2月22日 日経BPネット

TOPIC No.2-25-2 サンバード長崎屋
・スーパーの長崎屋が会社更生法を申請
・長崎屋、上場廃止へ
・米サーベラスが長崎屋支援
・長崎屋、過去の交際費まで「徹底監査」
・「加ト吉」同族会社、長崎屋支援検討
-加ト吉キョウデングループのディスカウントストアと取引があり、その縁で今回の出資要請につながった。
・長崎屋が更生計画案を可決
-長崎屋の新社長には、管財人を務めているプリント基板メーカー、キョウデン(長野県箕輪町)の橋本浩会長が就任する。
・長崎屋火災
・客足の復活へ人気テナント 長崎屋仙台台原店にドンキ
・長崎屋、更生手続き終結へ
・ドンキ長崎屋買収へ、株買い取り交渉…共同仕入れでコスト削減

|

2011年9月25日

三田国際ビル

三田国際ビル、ここは日本の構造を象徴する見本となるような場所です。

三田国際ビル
東京都港区三田1-4-28
設計者:三菱地所
建築主:三菱地所、恩賜財団済生会
竣工:1975年6月
オーナー:三菱地所

■入居法人抜粋
・社会福祉法人 恩賜財団済生会
・(財)機械システム振興協会→所在地マップ
・矢崎総業(株)
※(財)機械システム振興協会は現在は移転しているみたいなので、所在地マップを参照
※現在の港区芝大門1-9-9は清和綜合建物(株)とエムエヌケー(株)のある第一丁子家ビルに至近の場所です。

■ポイント
1)皇族絡みの団体がある
2)兼任の多い高級官僚が役員を務める公益法人がある
3)兼任の多い高級官僚が役員を務める企業がある

■検証

法人 役員抜粋/経歴など
恩賜財団済生会 ■総裁:寬仁親王殿下
■会長:豊田章一郎
(財)旭硝子財団理事(現任)
■理事長:炭谷茂
1997-厚生省社会・援護局長
2001-環境省大臣官房長
2003-環境事務次官
機械システム振興協会 ■会長(常勤):児玉幸治
1957年4月-通商産業省入省
1985年6月-同大臣官房長
1988年6月-同産業政策局長
1989年6月-通商産業事務次官
1991年6月-同退官
1991年6月-(財)産業研究所顧問
1992年2月-(株)日本興業銀行顧問
1993年6月-商工組合中央金庫理事長
2001年6月-(株)商船三井取締役
2001年7月-(財)日本情報処理開発協会会長
2005年6月-HOYA(株)取締役(現任)
2007年4月-(株)東京ドーム監査役(現任)
2007年6月-旭化成(株)取締役(現任)
2007年11月-(財)機械システム振興協会会長(現任)
2008年6月-(株)よみうりランド監査役(現任)
・その他、現任
(財)商工総合研究所理事長
(財)企業活力研究所会長
(財)日本音楽財団理事
(社)先端技術産業戦略推進機構理事・副会長
(NPO)NPO情報セキュリティフォーラム理事
(NPO)キャリア・ワールド理事
(財)旭硝子財団理事
日本商工会議所特別顧問
・参考記事
HOYAからのコネクション〜その2

■専務理事(常勤):佐々木恭之助
1968年4月-通商産業省入省
※同期入省に一柳良雄松宮勲(衆議院議員)、雨貝二郎(元ダイエー会長)など
未詳-東北通産局長
未詳-通産省中小企業小規模企業部参事官
未詳-東北電力(株)常務取締役
・その他、現任
(財)デジタルコンテンツ協会評議員
矢崎総業 ■顧問:尾崎護
1958年4月-大蔵省入省
1975年4月-外務省在アメリカ合衆国日本国大使館参事官
1980年7月-内閣総理大臣秘書官事務取扱(鈴木善幸内閣)
1983年6月-大蔵省大臣官房文書課長
1984年6月-大蔵省近畿財務局長
1988年12月-大蔵省主税局長
1991年6月-国税庁長官
1992年6月-大蔵事務次官
1994年5月-国民金融公庫総裁
1999年10月-国民生活金融公庫総裁
2003年2月-矢崎総業(株)顧問(現任)
2003年6月-富士急行(株)取締役(現任)
2003年7月-(株)ワコールホールディングス顧問
2005年6月-同社取締役(現任)
2005年6月-キッコーマン(株)取締役(現任)
・その他、現任
(公財)矢崎科学技術振興記念財団理事長
(公財)博報児童教育振興会理事
(公財)ベルマーク教育助成財団理事
(公財)朝日新聞文化財団理事

■上記企業より現任・重要人物を抜粋

HOYA(株) 茂木友三郎取締役
・キッコーマン(株)代表取締役会長CEO
小枝至取締役
・カルソニックカンセイ(株)取締役会長
・日産自動車(株)相談役名誉会長
麻生泰取締役
・麻生セメント(株)代表取締役社長
・(株)麻生代表取締役会長
(株)東京ドーム 林有厚代表取締役会長
秋山智史取締役
・富国生命保険相互会社取締役会長
・富士急行(株)取締役
・(株)帝国ホテル取締役
・日清紡ホールディングス取締役
・昭和電工(株)取締役
森信博取締役
・日本ハーデス(株)代表取締役会長
・日本ゼオン(株)監査役
(公財)みずほ教育福祉財団理事長
・(公財)世界遺産賀茂御祖神社境内糺の森保存会特別顧問
野﨑幸雄監査役
・(株)みずほ銀行監査役
・北海道電力(株)監査役
(財)霞山会理事
・(公財)世界遺産賀茂御祖神社境内糺の森保存会特別顧問
旭化成(株) 池田守男取締役
・(株)資生堂相談役・元会長
市野紀生取締役
・東京瓦斯(株)相談役・元会長
(株)よみうりランド 渡邉恒雄取締役
・(株)読売新聞グループ本社代表取締役会長
加藤奐取締役
・京王電鉄(株)代表取締役会長
濵邦久監査役
・元法務事務次官
細川知正監査役
・日本テレビ放送網(株)代表取締役社長
富士急行(株) 堀内光雄代表取締役会長
堀内光一郎代表取締役社長
・(株)丸井グループ取締役
・(財)辻アジア国際奨学財団理事
林 有厚取締役
・(株)東京ドーム代表取締役会長
宇野郁夫取締役
・日本生命保険相互会社取締役相談役・元会長
秋山智史取締役
※上記(株)東京ドーム参照
藤田護取締役
・朝日生命保険相互会社最高顧問・元会長
キッコーマン(株) 茂木友三郎代表取締役会長CEO
・HOYA(株)取締役
福井俊彦取締役
・元日本銀行総裁
井口武雄監査役
・三井海上火災保険(株)常任顧問・元会長

|

2011年9月23日

東京都財務局提示用資料 ver4.0

■東京都財務局主計部公債課への問い合わせ
日本ハーデス(株)とその関連会社(D01)の法人登記簿に、第一勧銀総会屋事件逮捕者3名の名前があった(A02)。
執行猶予付きではあるものの有罪は確定しており、このような人物を役員に置いた会社に宝くじ販売を再委託することは規定違反ではないのか?
この件について東京都財務局主計部公債課に問い合わせたところ、事実関係について調査をするという回答を頂いたものの、その後音沙汰がなかった。
1年後に再度問い合わせたところ、日本ハーデスは宝くじ販売再委託業者ではないとの回答があった。
また、その回答で判明したのは全国自治宝くじ事務協議会は、宝くじ販売再委託の判断を全て、みずほ銀行に任せているという事実だった。

会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証 (新潮文庫)

日本ハーデスの法人登記簿上で会社目的には「宝くじの販売」が入っている。
宝くじ販売指導会社は、「宝くじの販売」を会社の第一目的に挙げている。

20160403_94202

■疑惑その1
事実関係について調査をしたならば、逮捕者が確かに在任し、過去に代表取締役にまで就任していたことを東京都財務局主計部公債課は知ったはずである。
常識的に考えれば、現在の再委託承認基準が下請けの宝くじ販売会社にしか適用されないのは、ザル法である事に考えが及ぶはずである。
しかし、放置したままであるし、それどころか再委託承認基準が制定・公表された時期(A06)は、
宝くじ会社であると誰でも認識できる会社から総会屋事件関係者が抜けた後であることが判明(A03)した。

日本ハーデスは宝くじ販売会社でなく、単なるグループの持ち株会社、宝くじ販売指導会社? そんなの詭弁である。
登記簿の会社目的に「宝くじの販売」が一番最初に明記されている。

■疑惑その2
数字選択式宝くじの立会弁護士は、どのような所が選ばれているのか調べてみた(B01)。すると、
過去に仕手株銘柄となった企業の支援をしていたり(B02)、
顧問先の企業で経済事件が起きていたり(B03)、
日本最大のテキ屋暴力団本部ビル内の会社の顧問をしていることが判明した。
どうして、数ある弁護士事務所から、そのような事務所をわざわざ選び、使い続けなければならないのだろうか?
立会弁護士の選任は、公表では全国自治宝くじ事務協議会事務局長=東京都財務局主計部長となっている。

■問題提起
宝くじの闇〜プロローグ宝くじ販売再委託の責任はどこにあるのか?

■資料一覧

A01 第一勧銀利益供与事件における関係者
A02 利益供与事件関係者名がハーデス・グループに見受けられる件
A03 ハーデス・グループと第一勧銀総会屋事件逮捕者名人物の履歴
A04 利益供与事件関係者名とハーデス・グループ社外取締役
A05 当せん金付証票法第六条第七項の規定に基づく再委託承認基準の公表
A06 当せん金付証票の売りさばき、当せん金品支払交付事務が会社目的に記載されている会社

■抽せん立会弁護士に関する資料

B01 数字選択式くじ立会弁護士の背景
B02 昔の【IR】ペイントハウス:上場廃止禁止仮処分命令の決定に対する即時抗告申立に関する決定
Callumberg Limitedから宝くじ関連へのハココネ〜その2参照
B03 With Asset Managementと顧問弁護士

■不可解な事実

C01 すり替えられた日宝業務センター
C02 宝くじ販売会社の社長がジャンボの行列客として報道されている件
C03 ナンバーズとユースケサンタマリア
C04 宝くじのイカサマをスッパ抜く

■補足資料

番号 備考 資料へのリンク
D01 ハーデス・グループの会社一覧 ハーデス・グループ
D02 同グループの登記住所一覧 ハーデス・グループの所在地分布
D03 複雑な会社の遷移履歴を図説 日宝販関連・会社遷移(pdf)
D04 宝くじ売場の管理会社 クロノス(ハーデス・グループ)
D05 ハーデス・グループの役員就任状況一覧 ハーデス・グループ役員一覧表
D06 総会屋事件後の国会質疑 国会質疑:第一勧銀総会屋利益供与事件関連
D07 東京都財務局・人事履歴
※担当責任者を遡及するためのデータ
東京都財務局・人事履歴

■管轄部署への問い合わせ履歴

総務省より 当せん金付証票法違反について総務省より回答
東京都財務局より返答(1) メール送信は2012年10月3日
東京都財務局よりの返答

※当時の東京都財務局主計部公債課長:遠松秀将
(財)自治体衛星通信機構 理事
東京都財務局より返答(2) 2013年10月18日
東京都財務局よりの返答:2013/10/18

■他のサイトの記事より
市民オンブズマン(ギャンブルオンブズマン)に再委託承認に関する現状の問題について、取り上げていただきました。

ギャンブルと利権 ① ギャンブル依存症を生む 公認ギャンブルをなくす会
【なくそう!ギャンブル被害】
2013.3.22

■日本ハーデスに関する記事

みずほ「秘中」の黒幕利権会社
2012年2月
FACTA
(株)FACTAホールディングス
グリーンジャンボ史上最高5億円 「庶民の夢」宝くじ利権を貪る黒幕の総務省・みずほ銀行(1)
2012年3月15日
週刊実話
(株)日本ジャーナル出版
グリーンジャンボ史上最高5億円 「庶民の夢」宝くじ利権を貪る黒幕の総務省・みずほ銀行(2)
2012年3月16日
週刊実話
(株)日本ジャーナル出版
グリーンジャンボ史上最高5億円 「庶民の夢」宝くじ利権を貪る黒幕の総務省・みずほ銀行(3)
2012年3月17日
週刊実話
(株)日本ジャーナル出版
宝くじ利権をしっかり組み込んだ総務省とみずほ銀行
2012年7月28日
ビジネスジャーナル
(株)サイゾー
山口組と興業とカネの聖域
第3章-総務省とみずほ銀行がひた隠す「宝くじ」53%ピンハネのうまみ
2014年12月29日 発行
(株)宝島社
知られざる宝くじの裏側
Part3-業界のドン「日本ハーデス」監視不能の統治体制の脆さ
2016年5月9日 発行
(株)ダイヤモンド社

みずほ銀に集まる権限、知られざる宝くじの裏側
2016年5月2日-週刊ダイヤモンド

知られざる宝くじの裏側 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS

Part3-業界のドン「日本ハーデス」監視不能の統治体制の脆さ より

登記簿を見渡すと、1997年の総会屋事件で有罪判決を受けた人たちと、経営陣の総退陣を訴えた中堅「四人組」のうち数人が、わずか3年前まで同じグループ内に役員として混在していた実態が見えてくる。

|

日本宝くじシステム ver3.4

(株)日本宝くじシステム
1992年5月1日-(株)日本宝くじシステム研究所設立(東京都千代田区紀尾井町4-3
1994年6月24日-(株)日本宝くじシステムに商号変更
2003年11月1日-東京都中央区京橋2-5-7 日土地京橋ビルに移転

■目的
1.宝くじに関する調査・研究の受託
2.宝くじの発売システムの開発及び管理
3.宝くじの販売に関するコンサルタント
4.前各号に付帯する一切の業務

■代表取締役/取締役・経歴新旧抜粋

代表取締役
未詳-1999.6
首藤堯 大分県出身
自治事務次官(1977年7月26日-1978年9月1日)
福岡県副知事
公営企業金融公庫 総裁
(財)地域総合整備財団 理事長
宝企画(株)代表取締役社長
※2012年10月10日ご逝去(89歳)
代表取締役
未詳-2000.1
川崎正信 運輸省航空局飛行場部環境整備課長
消防庁消防課長
(財)全国危険物安全協会理事長
代表取締役
1998.6-2002.6
伊藤介一
代表取締役
1999.6-2002.3
花岡圭三 自治事務次官(1986年7月11日-1987年9月21日)
公営企業金融公庫 総裁
奄美群島振興開発審議会 会長
(財)自治総合センター 理事長
(財)地方自治情報センター 理事長
大幸企画(旧・宝企画)(株)代表取締役社長
代表取締役
2000.6-2003.6
佐藤信
代表取締役
2002.6-2004.3
津田正 自治事務次官(1989年6月30日-1990年7月2日)
(財)地域総合整備財団 理事長
長野冬季五輪組織委員会事務総長
2013年6月3日-ご逝去
代表取締役
2002.6-2004.7
松木正一
代表取締役
2003.6-2006.3
堤新二郎 富山県総務部長
自治省固定資産税課長
大分県副知事
(財)日本不動産研究所 評議員
(財)地域活性化センター 常務理事
(財)資産評価システム研究センター 理事長

■参考記事
ご近所シリーズ02:グローバル・カンパニー関連参照
代表取締役
2004.7-2010.6
長野宏
代表取締役
2004.11-2006.6
持永堯民 自治事務次官(1990年7月2日-1991年10月15日)
公営企業金融公庫 総裁
(財)日本宝くじ協会 理事長
(財)地方財務協会 会長
(社)日本倶楽部 評議員
代表取締役
2006.7-2011.6
遠藤安彦 1963年-自治省財務局
1968年-大蔵省に出向、秋田北税務署長
1969年-国税庁所得税課
1971年-香川県税務部広報文書課長、土木部監理課長
1973年-自治省財政局
1977年-大分県総務部次長、商工労務部長
1979年-大分県総務部長
1983年-自治省財政局交付税課長
1986年-自治省財政局地方債課長
1989年-自治省財政局財政課長
1996年9月7日-自治事務次官(-1998.1.6)
1998年2月-(財)地域創造 理事長(-2006.8)
2006年7月-(財)地方財務協会 理事長(-2012.10)
2006年7月-(財)日本宝くじ協会 理事長(-2011.5)
2009年1月-(NPO)IT化推進支援センター 理事長
ほか
(一財)地域創造 会長
(公財)日本国際問題研究所(JIIA) 評議員
(公財)ジェスク音楽文化振興会 評議員
(公財)パシフィック・ミュージック・フェスティバル組織委員会 評議員
2002FIFAワールドカップ 日本組織委員会副会長/事務総長
(社)日本倶楽部 評議員
(財)アルゲリッチ芸術振興財団 名誉理事
政策研究大学院大学 参議

ご近所シリーズ10
代表取締役
2006.6-2008.6
長澤純一 1999年7月-福岡県副知事
自治大臣官房参事官
総務省消防庁消防大学校・消防研究センター 理事
(独)消防研究所 理事
(財)日本消防設備安全センター 理事長
(財)消防試験研究センター 理事
代表取締役
2008.7-2011.3
渡邉文雄
代表取締役常務
2010.7-2014.6
泉本和秀 元 東京都財務局経理部長
元 東京都人事委員会事務局長
首都圏新都市鉄道(株)常勤監査役
代表取締役
2011.6-
嶋津昭 元 総務事務次官(2001年1月6日-2002年1月8日)
元 全国知事会事務総長
(財)地域総合整備財団 理事長(-2011.6)
(一財)道路交通情報通信システムセンター 監事(2012.6-)→日土地京橋ビル
(NPO)ふるさとテレビ 副会長
(公財)ラグビーワールドカップ2019組織委員会 代表理事(2014.3-)
(公財)日本法制学会 評議員
政策研究大学院大学 経営協議会委員
ほか
(株)日本農業再生パートナーズ 発起人
ラグビーワールドカップ2019 事務総長

ご近所シリーズ97
代表取締役
2011.6-2011.12
丸山浩司 元 総務省大臣官房付
(内閣府大臣官房審議官(防災担当))
(一財)自治体衛星通信機構  理事→虎ノ門ワイコービル
(一財)自治総合センター  評議員→内幸町東急ビル
全国知事会事務局次長
代表取締役
2012.6-2014.6
佐野忠史 元(財)日本消防設備安全センター 専務理事
元 消防大学校長
元 消防庁総務課長
代表取締役
2014.6-
菅俊一 元 総務省北海道管区行政評価局長
元(財)地域総合整備財団 常務理事
代表取締役常務
2014.7-2015.3
岳野尚代 元 東京都総務局総務部長
元 東京都職員共済組合事務局長
元 東京都労働委員会事務局長
代表取締役
2015.7-
松井多美雄 元 東京都都市整備局 理事
東京都選挙管理委員会事務局長
取締役
2011.6-2013.3
荒木一聡 兵庫県企画県民部企画財政局長
兵庫県職員互助会 代表
取締役
2012.6-2012.3
松森繁 神奈川県県民局長・知事室長
取締役
2012.6-2014.3
中村正樹
取締役
2014.6-
五味裕一 元 大阪府総務部財政課長
さいたま市 副市長
元 総務省自治財政局地方債課課長補佐
元 消防庁国民保護・防災部防災課国民保護室長
兵庫県 企画県民部

(一財)
兵庫県職員互助会 代表
取締役
2015.6-
平松直巳 元 愛知県 議会事務局長
愛知県 総務部長
システム部主幹
2010.4-
村田和則 元 東京都財務局経理部検収課長(統括課長)

■監査役抜粋

春田健一 1997.6-2002.6 1997年4月-大阪市財政局長
2002年3月-退職
2002年6月-大阪地下街(株)取締役副社長
2003年6月-同社 取締役社長
2007年6月-同社 退任
2007年6月-関西電力(株)監査役
吉田哲 1997.6-2000.3
滝本純生 2000.6-2003.3 1999年-(財)地域活性化センター 事務局長→日本橋プラザビル
2012年-自治大学校長
柏木孝 2002.6-2006.6 2007年4月-大阪市副市長
2008年4月-(社)地方公務員共済組合協議会 理事
2008年6月-関西国際空港(株)取締役
江口信介 2003.6-2005.6
木村哲也 2005.6-2008.3
吉村元志 2006.6-2007.6 2005年12月-大阪市財政局長
2007年3月-退職
2007年6月-(株)大阪市開発公社 取締役社長
2011年6月-同社退任
2011年6月-関西電力(株)監査役
井上裕之 2007.6-2011.3 2007年4月-大阪市財政局長
2011年4月-大阪市水道局長
山﨑建典 2008.6-2009.3 福岡県副知事
福岡県総務部長
山野謙 2009.6-2013.6 福岡県総務部長
元 福岡県企画課長
元 総務省自治財政局地方債課
稲森隆司 2011.6- 2011年4月-大阪市財政局長
恩田馨 2014.6-2015.7 元高知県総務部長(-2012.4)
福岡県総務部長

■考察
日土地京橋ビルの財団法人を書いたついでに、同じビルにある、この会社も書いておきます。
代表取締役の経歴については追々、追記しておきます。
各自治体が300万円ずつくらい出資した株式会社形態になっています。
東京都や大阪市など大きな自治体からの職員出向があります。

■大阪市の職員出向例

日本宝くじシステムへ派遣 派遣から復帰
2006.4.12 泉康弘・都島区役所税務課長代理
2006.4.12 樋口智彦財政局財務部財務課担当係長
2006.4.12 濵崎聡・大阪市健康保険組合派遣
財政局財務部副参事
2006.4.12 鉄野弘幸・港湾局
財政局財務部財務課主査
2007.4.1 堀田修・大阪市都市工学情報センター派遣
財政局財務部主査
2008.4.1 濵崎聡・交通局高速運輸部中央線副運輸長
2008.4.1 鉄野弘幸・財政局税務部担当係長兼水道局総務部主査
2008.4.1 竹田将司・契約管財局
財政局財務部主査
2009.4.1 金谷和明・交通局鉄道技術本部電気部電気管理事務所担当係長
財政局財務部主査
2010.4.1 小藤一吉・あべの市税事務所管理担当課長代理
2010.4.1 竹田将司財政局財務部担当係長(財政調査担当)
2010.4.1 鶴嶋保明・福祉部福祉総務課主査
2010.4.1 赤本勇・こども青少年局子育て支援部保育所運営担当課長代理
財政局財務部副参事
2010.4.1 樹杉香織・大阪市立大学派遣
財政局財務部主査
2012.4.1 吉川智造・船場法人市税事務所担当係長
財政局財務部副参事
2012.4.1 笠井健司・財政局
財政局財務部財務課主査
2012.4.1 赤本勇・こども青少年局企画部青少年課放課後事業担当課長代理
2013.4.1 中井洋一・交通局鉄道事業本部電気部電気ネットワーク課担当係長
2014.4.1 谷口典文・住宅まちづくり総務課長

|

2011年9月22日

道路交通情報通信システムセンター ver1.5

(一財)道路交通情報通信システムセンター
1995年7月3日-設立(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル
2005年4月1日-東京都中央区京橋2-5-7 日土地京橋ビルに移転
2013年4月1日-一般財団法人に移行

主務省庁:警察庁総務省国土交通省

移転前は内幸町の富国生命ビルの隣だったのですが、日土地京橋ビル竣工(2003年9月12日)の後に移転しました。

■役員抜粋

元理事長 森下洋一 パナソニック(株)特別顧問
関西電力(株)取締役
※ほかリンク先参照
理事長
代表理事
渡辺捷昭 トヨタ自動車(株)相談役
三菱UFJ証券ホールディングス(株)取締役
東邦瓦斯(株)取締役
住友電気工業(株)監査役(2013.6-)
(公財)トヨタ財団 評議員
(財)道路新産業開発機構 会長
(一財)高円宮記念日韓交流基金 理事→新有楽町ビル
専務理事
代表理事
古賀光彦 (NPO)ITS Japan 理事日本女子会館ビル
理事 佐藤孝平 (財)自治体衛星通信機構 理事→虎ノ門ワイコービル
(一社)電波産業会 常務理事→日土地ビル
理事 鈴木克宗 (財)道路新産業開発機構 理事
理事 廣畑史朗 (公財)日本道路交通情報センター 副理事長
監事 嶋津昭 日本宝くじシステム参照
監事 稲葉清毅 群馬大学 名誉教授
元総務庁恩給局長
(NPO)行政文化研究所あっとぐんま 理事長
監事 菊地敦子 元人事院人材局長
元理事 加藤正彰 本田技研エ業(株)専務取締役
八千代工業(株)代表取締役社長
ご近所シリーズ18参照

■考察
久々に公式サイトを見たら、ETCの文字が見当たらなくなりました。
ETCってRFID技術なんですよね。

■メモ
東京宝くじドリーム館も日本プレスセンタービルではありませんが、内幸町(富国生命の通り向かいの日土地内幸町ビル)から日土地京橋ビルに移転です。

|

2011年9月21日

長崎屋 ver1.1

長崎屋-wikiより
倒産後、ドン・キホーテ傘下に
かつて全国に店舗を持ち流通業界準大手とされていたが、1990年3月18日に発生した尼崎店の火災(長崎屋火災)と、その後の西日本地区から大半の撤退、バブル崩壊以降の不況に加え、不採算事業・関連会社を抱え業績が悪化。2000年2月に会社更生法の適用を申請して、倒産。
その後、店舗を半数以上閉鎖、子会社を多数清算、東京都中央区東日本橋所在の本社ビル売却。数々の更生計画のうち、2002年2月、長野県のプリント基板メーカー「キョウデン」(当時SHOP99の九九プラスも同社傘下)がスポンサー企業として支援に合意。同年8月、第三者割当増資引き受けにより連結子会社とする。2006年7月、計画より12年早く会社更生手続き終結を発表。
2007年10月25日、親会社のキョウデンその子会社2社(九九プラス、昭和KDE)、キョウデン役員2名が、それぞれ保有する株式(合計86%)を大手ディスカウントストアチェーン「ドン・キホーテ」に売却。同社の子会社となる。その後、株式を追加取得して、完全子会社化。2008年5月1日には、取締役副会長であった成沢潤治(ドン・キホーテ代表取締役社長 兼COO)が、代表取締役社長に就任。
2009年9月、本社を東京都目黒区青葉台二丁目19番10号のドン・キホーテ中目黒本店に移転する。

沿革
    1940年 岩田孝八が藤沢商業学校(現:藤沢翔陵高等学校)を卒業と同時に神奈川県茅ヶ崎市で家業(布団店「長崎屋」)を経営。
    1948年 平塚市で長崎屋布団店設立。
    1952年 株式会社長崎屋に商号変更、東京都中央区に本店移転。
    1967年 東京証券取引所第1部上場。
    1990年 3月18日、
長崎屋火災発生、15人死亡。
    2000年 2月13日、東京地裁に会社更生法適用申請。
    2000年 5月14日、上場廃止。
   
2000年 5月19日、更生手続開始決定・事業管財人に福田國幹エコス相談役を選任。
   
2002年 6月30日、更生計画認可決定・事業管財人に橋本浩キョウデン会長を選任。
    2006年 会社更生手続終結。
    2007年 創業100周年を迎えるが同年10月26日、キョウデングループが保有する株式86%が、ドン・キホーテに売却され、同社の傘下となる。
    2008年 5月1日、直営店ドン.キホーテ柏駅前店リニューアルオープン。さらに同年6月13日、新事業形態“生活防衛型”ディープディスカウントストアとして、MEGAドン.キホーテの1号店である四街道店を新たにオープンさせた。
    2009年9月 本社をドン.キホーテ中目黒本店に移転する。

■メモ
福田國幹氏→エイチ・エス・フューチャーズ(株)代表取締役社長、九州産業交通株式会社代表取締役社長など歴任。
第一勧銀とキョウデン+日債銀の接点は長崎屋ですね。

■関連記事
長崎屋人脈

|

東京温泉

東京温泉(株)
1950年5月26日設立

東京都中央区銀座6−13−16
東京都中央区銀座8−12−13に移転(2007年4月19日)

2007年10月31日ー東京都港区海岸2−1−18、東京温泉(株)に会社分割
2007年11月15日ー株主総会決議により解散

【代表取締役】
許斐勝彦代表取締役(未詳〜2004年11月9日)
土井正紀代表取締役(2004年11月9日〜2007年3月12日)
中川春喜代表取締役(2007年3月12日〜解散)

■会社分割した東京温泉(株)
2007年10月31日設立

東京都港区海岸2−1−18
東京都港区麻布十番3−1−5に移転(2011年5月15日)

2011年5月15日ー株主総会決議により解散

【代表取締役】
坂井賢一代表取締役(設立〜2010年6月30日)
許斐氏義代表取締役(2010年6月30日〜解散)

【考察】
分割後は兼松に近い海沿いの辺りですね。
隣にインターナショナルエクスプレス(株)、少し先に(株)IBテックがある通りです。
解散と同日に移転してます。

|

2011年9月20日

富士ソフト人事

富士ソフト(株)人事

坂下智保常務取締役→代表取締役専務(2011年9月20日付)
野澤 宏会長→会長執行役員(2011年10月1日付)

【退任】
白石晴久代表取締役社長(2011年9月30日付)

|

2011年9月18日

3S政策

3S政策--wikiより
3S政策(さんエスせいさく)とは、大衆の関心を政治に向けさせないように取る愚民政策のひとつ。3Sとは、Screen(スクリーン)、Sport(スポーツ)、Sex(セックス)の頭文字を取ったとされる。

安岡正篤により、連合国軍占領下の日本での存在が主張された。

安岡は「日本を全く骨抜きにするこの3R・5D・3S政策を、日本人はむしろ喜んで、これに応じ、これに迎合した、あるいは、これに乗じて野心家が輩出してきた。日教組というものがその代表的なものであります。そのほか悪質な労働組合、それから言論機関の頽廃、こういったものは皆、この政策から生まれたわけであります」と警告している。

【メモ】
安岡正篤
氏--大東亜省顧問

【つぶやき】
3S政策、大成功じゃないでしょうか?
そうでもないと、楼蘭通いの官僚が知事や議員になったりしないでしょ。

NPS人脈=ノーパンしゃぶしゃぶ人脈。

弱みを握った高級官僚を要所要所に配置している黒幕はどなたでしょうか?

|

夢〜ドリームが付く企業

新興市場マニアの間では企業名に入れるとダメになってしまうNGワードの一つに挙げられる、という
"ドリーム"
そのドリームを会社名に付けてしまう代表は、何か耳よりな情報でもお持ちなのでしょうか?

ドリーム・インスティテュート 代表取締役:上野和夫氏(元・ネットクエスト代表取締役)
※ネットクエスト=キョウデンプランニング
■参考記事
アールエフマイコン
Dream Share 所在地:高輪小野ビル2階
→主要株主:(株)サンレジャー
※高輪小野ビル=小野グループ東京本拠地
■参考記事
サンレジャーと第一勧銀人脈
ドリームバイザー・ホールディングス 千代田区一ツ橋1−1−1白山通りの出発点)
井上潔・取締役経歴抜粋
・1984年4月-富士通(株)入社
・2000年8月-同社経営企画室担当課長
-社長経営方針原稿策定(8年)、全社中期事業計画策定、
-新規事業計画立案、海外M&A案件、中国投資等に従事。
・2000年-同社退社
・2001年12月-(株)トランスサイエンス代表取締役社長
・2008年-(株)アーク・イノベーション代表取締役
-三菱地所 街ブランド企画部新事業創造支援ユニット パートナー
山中一弘取締役
・1987年4月-ドイツ銀行東京支店入行
・1991年2月-富士通(株)入社
・2000年5月-同社経営企画室
・2003年1月-同社社長室経営戦略室
夢の街創造委員会 Dream Shareと同じくカルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)関係
ここは筧・元監査役がキーマンでしょうか?
夢の街=ドリームタウン、ひっくり返せばタウンドリーム
夢真ホールディングス 白山と夢真
夢テクノロジー 夢真ホールディングス絡み
旧・フルキャストテクノロジー

→旧住所:渋谷区道玄坂1-12-1

|

帝国ホテルーメモ

帝国ホテル--wikiより
本社所在地
東京都
千代田区内幸町1-1-1

帝国ホテルは1890年(明治23年)11月3日に落成、同7日に開業した。隣接する鹿鳴館と密接な関連を持ったホテルとして井上馨が渋沢栄一大倉喜八郎の2人を説いて有限会社帝国ホテル会社を設立させ建設したものである。
経営権は渋沢から大倉、そしてその死後は長男の大倉喜七郎へと引き継がれた。しかし戦後に、喜七郎が公職追放に遭った上に財閥解体によって大倉家の持ち株は放出。代わって東京殖産の長田庄一から巨額の資金援助を受けた「北支の煙草王」こと金井寛人が1953年(昭和28年)に株式の多くを獲得して会長となる。
1977年(昭和52年)の金井の死後は、その全持ち株が小佐野賢治の国際興業に譲渡。2004年(平成16年)にはその国際興業がサーベラス ファンドに買収されるが、2007年(平成19年)10月に国際興業保有帝国ホテル株式の大半が三井不動産に売却され、現在は三井不動産が約33%を保有する筆頭株主となった。

ーーー
帝国ホテルチェーン
直営ホテル
グランドアーク半蔵門
帝国ホテルグループが運営する警察共済組合の保養所施設扱いとなるホテル。
    東京都千代田区隼町
    1999年(平成11年)1月開業、2004年(平成16年)4月改装

ーーー
逸話
クリーニング
そもそも帝国ホテルは外国の賓客をもてなすために設立されたホテルだったので、経営陣は真っ先に長期間の船旅で溜め込んだ衣類の洗濯を思いつき、その部門の強化を図ってきた。当初は2つの外注業者に委託していたが、1910年(明治43年)に帝国ホテルが初めて館内に洗濯する施設を設置し、ホテルで使用する寝具関係や宿泊客の衣類を洗濯する独自の「洗濯部」を設けた。
現在は
白洋舎が従業員の制服を含めホテル内で使用される物全ての洗濯を受け持っている

■支配人の犬丸徹三--wikiより
犬丸 徹三(いぬまる てつぞう、1887年(明治20年)6月8日 - 1981年(昭和56年)4月9日)は日本の実業家。元帝国ホテル社長。
元帝国ホテル社長犬丸一郎の父。

ーーー
家族 親族
    息子
    一郎(実業家・元帝国ホテル社長)
        妻 伊津子(実業家・元富士ゼロックス相談役最高顧問小林陽太郎の妹)
    二郎(実業家・芝パークホテル特別顧問)
        妻 純子(愛媛県、政治家砂田重政の娘)


■東京殖産→東京相和銀行--wikiより
沿革
1949年(昭和24年):東京興産株式会社、東京殖産株式会社、平和勧業株式会社設立。
1989年(平成元年):金融機関の合併及び転換に関する法律(昭和43年法律第86号)に基づく認可により普通銀行に転換し、株式会社東京相和銀行と商号変更。
2001年(平成13年):アメリカの投資ファンド会社ローンスターが設立した、株式会社東京スター銀行に営業譲渡。

ーーー
中央政財界との繋がり
長田の出身地山梨県は、かつて東武鉄道の根津嘉一郎、若尾銀行・東京電灯の若尾逸平、山一證券の小池国三など、財界において俗に甲州財閥と呼ばれる一派を形成しており、長田もこうした地縁を最大限に利用した。また、池田勇人元首相ら政治家の知遇を得て、中央政界や大蔵省などにも強い繋がりを持ったことで業容が拡大した。


小佐野賢治--wikiより
1945年(昭和20年)からホテル業務を開始。終戦直後の経済活動が停止し現金のない最中に、根津嘉一郎五島慶太が、小佐野にそれぞれ熱海ホテル、山中湖ホテル、強羅ホテルの売買を持ちかけた。小佐野はこれに応じて、先行きの見えないこれらの観光資産を買収。この強羅ホテル売買交渉を機会に売主であった五島慶太の知遇を得る。
ーーー
係争中の1985年(昭和60年)に帝国ホテル会長職に就任。犬丸一郎を、帝国ホテルのメインバンクである第一勧業銀行の反対を押し切り社長昇格させる一方、第一勧業銀行出身の藤居寛を副社長に就任させた。
ーーー
家族
妻 小佐野英子(堀田伯爵家の娘)
    旧下総佐倉藩主・堀田家出身。堀田正恒の長女。女子学習院(後の学習院女子高等科)卒。1947年に小佐野と結婚。藤島泰輔と旧知の仲。一時期は、藤島の妻であるメリー喜多川姉弟が経営するジャニーズ事務所に融資を続けるスポンサーだった。


帝国ホテルの歴史
明治23年11月3日、日本初の本格的な洋風ホテル「帝国ホテル」が誕生しました。欧化政策のために外務大臣・井上馨が提案したもので、場所は舞踏会で有名だった鹿鳴館の隣です。国策ホテルだっただけに、開業時、筆頭株主は宮内省でした。

【考察】
帝国ホテルを中心に人脈やお金の流れを追ってみると分かりやすいかもしれません。

|

2011年9月17日

ワイズテーブルコーポレーション所在地

キョウデンの考察に移る前に、タカラビルメンを買ったのがどうしてワイズテーブルコーポレーションなのかを考察してみましょう。

これまでも何回か書きましたが、キョウデンでも何でもキーとなるのは--
新六本木ビル=みずほ銀行六本木支店ビル(港区六本木7-15-7)です。

ワイズテーブルコーポレーションは所在地が--
東京都港区六本木6-1-20

みずほ銀行六本木支店の通り向かいなのです。
ここはかつて(財)平和・安全保障研究所があったビルです。

新六本木ビルより抜粋 ※現在、過去のテナント

日宝販グループ 宝成不動産(株)
(株)日宝販
(株)東京日宝販
(株)トーニチ
(株)プルトン
ハーデス・グループ 日本ハーデス(株)
(株)クロノス
(株)明都物産
(株)研修企画
(株)エムエルシー
(株)タウンドリーム
(株)エヌエヌシー
(株)イーエルエム
(株)ティーエルエム 
(株)ケーエルシー 
(株)シーエルシー 
(株)エスエヌシー
日本土地建物グループ 東京リース(株)
東京オートリース(株)
東京リースエスピーシー(株)
みずほ関連 (株)東京アドエージェンシー
キョウデン関連 (株)キョウデンエリアネット
(株)マルチバイブレーション
(株)ワァディ・コミュニケーションズ
シグマ・ゲイン(株)
その他 (株)テレビ朝日クリエイト
レッドハット(株)

■参考記事
みずほ銀行六本木支店の土地登記

■追記
ワイズテーブルコーポレーションの移転IRが9月21日に発表されたので、所在地は変更となります。

|

ジェイボックとタカラビルメン

■茨城県龍ヶ崎市にあるタカラビルメン(株)という会社
あおぞらグループワイズテーブルコーポレーションアセット・マネジャーズ
という風にオーナーが変わっていく、この会社。
どうして、地方のビル管理会社がこうも上場企業に転売されるのでしょう?
それは名前に何か秘密が隠されていそうな予感がします。
タカラビルメン……ビルメン

龍ヶ崎市という場所は、自分自身もあまり注目していなかったのですが--
2つポイントを見つけました。

●ポイント1
RFIDスペシャリスト加藤友康アールエフ・アナログ研究所の所在地が龍ヶ崎市であること ※www.rfanalog.comのドメイン解析より

ポイント2

→元日本宝くじ協会理事で自治体国際化協会理事の住所が龍ヶ崎市であること

この2つとも、直接的な住所一致でないので普通なら重要視しないのですが、その他にも不可解な符合点があったのです。
ポイント2は、(財)自治体国際化協会の所在地がキーとなりますが、今回はひとまず、ポイント1への流れに向かっていきます。

1)ジェイボックからタカラビルメン
2)タカラビルメンからキョウデン

■(株)ジェイボックタカラビルメン(株)との繋がり
役員兼任状況 ※法人登記簿より

氏名 ジェイボック タカラビルメン
滝澤維世嗣 取締役:2001年8月-2005年9月
代表取締役:2003年3月-2003年4月
代表取締役:2004年9月-2005年9月
取締役:2003年12月重任-2005年9月
一志眞人 取締役:2001年8月-2010年6月 取締役:2004年11月-2006年12月
友澤正 取締役:2003年4月-2004年9月 取締役:2003年12月重任-2004年9月
橘哲 代表取締役:2005年9月-2006年9月
代表取締役:2009年5月-
取締役:2003年12月重任-2004年11月
監査役:2004年11月-2006年12月
野崎博明 監査役:2003年10月-2005年6月 監査役:2003年6月-2004年11月

■タカラビルメン(株)代表取締役抜粋

代表取締役 内田大敬 1973年4月-(株)日本不動産銀行(現(株)あおぞら銀行)入行
1997年6月-同行 新宿支店長
2004年3月-タカラビルメン(株)代表取締役
2006年12月-同社 代表取締役退任
2007年4月-昭和KDE(株)管理部門副担当
2007年6月-同社 管理部門担当兼管理部長兼経理部長
2008年6月-昭和キョウデン(株)代表取締役
2008年6月-昭和KDE(株)役員待遇管理本部長兼管理部長兼経理部長
2009年6月-同社 取締役管理本部長
2009年9月-昭和キョウデン(株)代表取締役退任

 昭和KDE昭和キョウデンキョウデンの関連会社です。
内田氏はタカラビルメン代表取締役退任後に、キョウデン資本の昭和KDEに入っています。

■タカラビルメンの異動状況(ワイズテーブルコーポレーション参照)
1) 2006年12月14日
ジェイジェイ・プライベートエクイティ壱号投資事業有限責任組合→(株)ワイズテーブルコーポレーション

ジェイジェイ・プライベートエクイティ壱号投資事業有限責任組合代表者
無限責任組合員 日本プライベートエクイティ株式会社 代表取締役 法田 真一(日本アジア投資)
無限責任組合員 株式会社ジェイボック 代表取締役 髙橋 真弥
本店所在地 東京都千代田区九段北1−14−21

2)2010年3月18日
(株)ワイズテーブルコーポレーションアセット・マネジャーズ・ホールディングス(株)

タカラビルメンは法人登記簿の電子化移記が遅く、閉鎖事項でも古い時代のことは今のところ不明なのですが、岩井静子代表取締役、岩井辰士取締役から、あおぞらグループの支配に変わったようです。
ジェイジェイ・プライベートエクイティ壱号投資事業有限責任組合の所在地は、ジェイボックの旧所在地と同じです。
上の表のとおり、ワイズテーブルコーポレーションへ株式譲渡の2006年12月以降はジェイボックの役員はいなくなっています。
タカラビルメンの代表取締役であった、内田大敬氏はジェイボックの役員ではありませんが、日本不動産銀行=日本債券信用銀行の出身です。タカラビルメンの後は、キョウデンが既に資本参加していた昭和KDE(株)に入社しています。

■昭和KDEの有報(2007年提出分)より日本不動産銀行出身者抜粋

代表取締役社長 安藤剛照 1970年4月-(株)日本不動産銀行 入行
1997年6月-同行 取締役総務部長
1999年5月-(株)キョウデン 連結管理本部長
2000年1月-(株)ケー・ディー・ティー 取締役
2000年5月-(株)ネットクエスト 取締役
2000年6月-同社 取締役退任

2000年6月-昭和KDE(株)取締役
2000年10月-(株)スプラッシュ 監査役
2001年5月-(株)キョウデンプランニング 取締役
2001年6月-(株)九九プラス 代表取締役副社長
2002年6月-更生会社(株)長崎屋 監査役
2002年11月-(株)キョウデンプランニング 取締役辞任
2003年2月-更生会社(株)長崎屋 取締役
2003年4月-(株)サンマリ東京 監査役
2003年6月-(株)キョウデン 取締役
2006年5月-昭和KDE(株)顧問
2006年6月-同社 代表取締役社長
2008年6月-同社 相談役
取締役 吉川英機 1966年4月-(株)日本不動産銀行 入行
1996年6月-(株)日債銀総合研究所 常務取締役
1998年6月-昭和KDE(株)取締役
2000年6月-同社 代表取締役社長
2005年6月-(株)九九プラス 取締役
2005年6月-(株)キョウデン 取締役
取締役 中西彦次郎 1974年4月-(株)日本不動産銀行 入行
1999年7月-(株)キョウデンに出向海外事業部長
2000年6月-同社 執行役員総合企画室長
2001年6月-(株)ネットクエスト 取締役
2002年6月-更生会社(株)長崎屋 取締役
2002年6月-同社 取締役管理本部長
2002年6月-昭和KDE(株)取締役
2002年11月-(株)キョウデンプランニング 取締役
2003年2月-更生会社(株)長崎屋 監査役
2003年4月-(株)スプラッシュ 取締役
2003年4月-(株)サンマリ東京 取締役
2003年6月-(株)九九プラス 取締役
2003年10月-(株)キョウデンプランニング 取締役辞任
2007年6月-(株)ネットクエスト 取締役
取締役 石瀬明人 1976年4月-(株)日本不動産銀行 入行
2001年10月-同行 新宿支店長
2002年9月-(株)キョウデンに出向経営推進室長
2003年2月-更生会社(株)長崎屋 監査役
2003年6月-(株)九九プラス 取締役
2003年6月-(株)キョウデン 取締役
2003年10月-(株)キョウデンプランニング 取締役
2004年5月-更生会社(株)長崎屋 取締役
2005年6月-昭和KDE(株)取締役
2007年6月-(株)ネットクエスト 取締役退任
取締役 永木史郎 1972年4月-(株)日本不動産銀行 入行
2001年6月-同行 常務執行役員
2004年6月-昭和KDE(株)専務取締役管理本部長
2006年2月-昭和キョウデン(株)代表取締役社長
2007年6月-昭和KDE(株)取締役

(株)ケー・ディー・ティー、(株)キョウデンプランニング、(株)ネットクエストは商号変更した同じ会社です。

■今回、わかったこと
1)ジェイボックタカラビルメンキョウデンは日債銀(現・あおぞら銀行)出身役員を共有している。
2)昭和KDEには(株)長崎屋の役員経験者が多い。

|

2011年9月16日

ブイネット・ジャパン ver1.9

(株)ブイネット・ジャパン
1996年2月6日-設立(東京都中央区銀座6-9-8 銀座UKビル)
1999年5月12日-東京都中央区築地2-10-6 第36和孝ビルに移転
2005年6月25日-東京都中央区銀座6-10-16 パレ銀座ビルに移転
2010年6月5日-東京都千代田区内神田3-2-8 COI内神田ビルディング 8Fに移転
2014年1月31日-東京都港区新橋3-8-8 リバティ8 7Fに移転

リバティ8
2-3F-(株)エス・ケイ・二十一総合研究所
2-3F,7F-(株)経営戦略合同事務所

■事業内容
・若手経営者の経営支援事業
・「CEO塾の企画運営」


■過去の株主

高原慶一朗 ユニ・チャーム(株)会長
三澤千代治 (株)ミサワホーム 社長
茅野亮 (株)すかいらーく 元社長/現取締役最高顧問
青木擴憲 (株)アオキインターナショナル 社長
保木将夫 (株)ホギメディカル 社長
牧誠 (株)メルコ 社長
多根裕詞 (株)三城 元社長兼会長
大島健伸 (株)商工ファンド 社長
西和彦 (株)アスキー 元社長/現特別顧問
斑目力曠 (株)ネミック・ラムダ 元社長

■役員抜粋(当時の経歴)

代表取締役会長
1996.2-2005.4
取締役
-2014.1
監査役
2014.1-
川島譲 元 「週刊ダイヤモンド」編集長
元(株)ダイヤモンド社 代表取締役社長・会長
元(株)プレジデント社 代表取締役
元(株)メルコ 監査役(-2012.6)
元 大江戸温泉物語(株)監査役(2001.11-未詳)
(株)ファクトリージャパングループ 監査役
(一財)日本価値協創機構 評議会議長
(NPO)日本高齢・退職者福祉推進協会 理事
モバーシャル(株)顧問
インテグレーション・マネジメント(株)エグゼクティブ・アドバイザー

■大江戸温泉物語(株)※当時
代表取締役:中村功東日本ハウス(株)創業者

■(一財)日本価値協創機構
会長:愛知和男:(公財)国際親善協会 会長

■(株)ファクトリージャパングループ
顧問:金重凱之一柳アソシエイツ参照
代表取締役社長
-2005.4
取締役
-2010.4
2014.1-
監査役
2010.4-2014.1
曽根宏道
曾根宏道
元(株)ダイヤモンド社 取締役編集局長
元 ゼィープラス(株)代表取締役会長
ゼィープラスホールディングス(株)取締役(2004.10-2005.6)
ハートアンドブレイン(株)取締役会長
日本アイソフトストーンテクノロジーズ(株)監査役
(株)経営戦略合同事務所 特別顧問→リバティ8

■ハートアンドブレイン(株)
取締役:岩佐豊:元(株)ダイヤモンド社 代表取締役社長・会長
代表取締役社長
2005.4-
松室哲生 元 「週刊ダイヤモンド」編集長
元(株)ダイヤモンド社 代表取締役専務(-2004)
取締役
-2005.4
吉澤信男 元 全研本社(株)社長
ゼンケンプラネット(株)代表取締役
取締役
-2002.3
三枝匡 (株)三枝事務所 代表取締役
(株)ミスミグループ本社 取締役会長
取締役
-2009.4
稲葉清一郎 日本アイソフトストーンテクノロジーズ(株)代表取締役社長
取締役
-2003.4
畑中裕 エムアンドシーコンサルティング(株)代表取締役社長
取締役
-1999.4
荒木隆司
取締役
2001.4-2005.4
鎌田正彦 SBSホールディングス(株)代表取締役社長
グランディ軽井沢ゴルフクラブ 理事
(NPO)富士山を世界遺産にする国民会議 評議員
取締役
2001.4-2003.4
港宣也 (株)ビジネスポートシステムズ 社長
取締役
2001.4-2005.4
田中剛 (株)レーサム 代表取締役社長
取締役
2003.4-2005.4
岩佐豊 元(株)ダイヤモンド社 代表取締役社長・会長
三共生興(株)取締役
(株)毎日コムネット 取締役
取締役
2003.4-2005.4
高橋佳哉 ハートアンドブレイン(株)エグゼクティブ・パートナー
取締役
2010.4-
J.マイケル・オーエン トランズパシフィックエンタープライズ 代表取締役社長
取締役
2013.4-
眞藤健一 (株)経営戦略合同事務所 代表取締役社長→リバティ8

■(株)経営戦略合同事務所
代表取締役会長:天井次夫
取締役
2013.4-
兵藤雄之 元(株)ダイヤモンド社
「CEO 社長情報」編集長
監査役
-2010.4
八幡紀 (株)エルディーシー・インク 代表取締役(1998.8-2000.7)
(株)ゼンケン・インク 監査役(2000.7-2004.9)
(株)ゼンケン・インク 代表取締役(2004.9-2004.10)
ゼィープラス(株)代表取締役(2004.10-2005.8)

|

2011年9月15日

登戸研究所から考える戦争と平和 ver1.1

●「登戸研究所から考える戦争と平和」山田朗/渡辺賢二/齋藤一晴著より

敗戦後、陸軍登戸研究所においては、疎開先の長野県駒ヶ根と元来の施設であった登戸(生田)において、製造した兵器や関係文書の徹底した破壊・焼却が行われたが、生田地区の登戸研究所の建物群は、戦災も受けず、破壊もされないままに、戦後は慶應義塾大学北里研究所巴川製紙などが使用していた。

 参謀本部第七課(支那課)は早くから戦争経済に関心を持ち、偽造紙幣工作も一つの方策と考えていたが、実際に着手したのは1938年10月に参謀本部第八課(謀略課)が指導してからであった。
この課の初期の陣容は以下の通り。

課長 大佐 
影佐禎昭
課長 中佐 唐川安夫
    中佐 
岩畔豪雄
    中佐 臼井茂樹

 登戸研究所は、1944年9月にアメリカ軍の艦載機による機銃掃射を受けるなど、研究を続けることが困難となり分散疎開することとなる。1944年末から翌45年4月にかけて、本部と第二科、第四科は長野県の
上伊那に、第一科は同県の北安曇郡兵庫県に移転した。第三科は福井県武生に疎開している。
 本部は
伊那郡宮田村の真慶寺に置かれ、周辺の小学校などを接収して研究や実験を続けようとした。

影佐禎昭〜wiki

広島県沼隈郡柳津村(現・福山市柳津町)の広島浅野藩士の家系に生まれる。小学校を卒業後、姉の住んでいた大阪に出て、大阪府立市岡中学校を経て1914年(大正3年)、陸軍士官学校を卒業(26期)。1923年(大正12年)、陸軍大学校卒業(35期)。大尉時代の1925年(大正14年)4月から1928年(昭和3年)3月まで東京帝国大学政治科で学んだ学究肌。その後、参謀本部付として中国と深く関わり、陸軍部内でも中国通として一際目立つ存在となった。1937年(昭和12年)に大佐昇進。同年陸軍参謀本部支那課長、第8課(謀略課)初代課長、軍務課長を歴任し日中戦争初期の戦争指導に当たった。民間人里見甫を指導し中国の地下組織・青幇(チンパン)や、紅幇(ホンパン)と連携し、上海でのアヘン売買を行う里見機関を設立。中国で阿片権益による資金は関東軍へ流れたという。また板垣征四郎陸軍大臣の有力なブレーントラストとしても知られ、興亜院創設に至るまでの紛糾に際しての巧妙な処理等で名を挙げた。

娘は陸軍少佐時乗武雄、谷垣専一元文部大臣に嫁ぐ。谷垣禎一現自由民主党総裁は孫。名前の一字は、影佐の名からとったもの。

岩畔豪雄昭和通商参照

■考察
何故か現在の財界で蠢く裏の動きに妙に絡んでくるキーワードが多いです。
特に上伊那周辺を本拠地もしくは重点拠点としている企業は要マークのようです。
登戸研究所では牛疫ウィルスの研究もしていたらしいです。

|

ユビキタス移動体通信システムLSI

【公開番号】    特許公開2005-51724
【公開日】    平成17年2月24日(2005.2.24)
【発明の名称】   
ユビキタス移動体通信システムLSI

【出願番号】    特許出願2003-309387
【出願日】    平成15年7月30日(2003.7.30)
【出願人】   
【識別番号】    502433977
【氏名又は名称】   
加藤 友康
【発明者】   
【氏名】   
加藤 友康

複数の規格の移動体通信および無線ネットワーク通信利用を1台の携帯端末で可能にする。

低雑音増幅器、ミキサ、VCO、PLLなどの高周波RFアナログ回路部分を複数の移動体通信および無線ネットワーク通信システムで利用する周波数帯に共用できるようにしたユビキタスRFアナログ回路を内蔵したユビキタス移動体通信システムLSI。

【参考記事】
通産官僚とRFID〜その1

|

2011年9月14日

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の施行に伴う中間法人法の廃止について

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の施行に伴う中間法人法の廃止について

メモ・リンク

|

サッカーボール

サッカーボール--wikiより

ICチップ内蔵サッカーボール

ゴールやラインを超えたかどうかの審判のミスを防ぐために、ICチップ内蔵サッカーボールの使用が検討されている。2005年にペルーで開催されたFIFA U-17世界選手権大会では、アディダスが開発したICチップ内蔵サッカーボールが試験的に使用されたが、誤作動が多く、2006 FIFAワールドカップドイツ大会での採用は見送られた。

|

平成十二年七月六日提出質問第五号ー前原誠司

建設省汚職事件の真相解明と亀井静香自由民主党政務調査会長の石橋産業事件捜査への干渉疑惑に関する質問主意書(pdf)

質問者:前原誠司議員

質問書より抜粋--

一 イトマン事件の許永中被告が設営したとされる平成八年五月、東京・向島の料亭「なみむら」で開かれた中尾栄一元建設大臣の就任祝いの宴会には、竹下登 元総理大臣と実弟の竹下亘秘書、画商の福本邦雄氏、若築建設の石橋浩会長、石橋産業の林雅三相談役らが出席し、建設省から当時の藤井治芳事務次官、豊田高司建設技監、伴襄官房長、橋本鋼太郎道路局長、松田芳夫河川局長、小鷲茂経済局長、梅野捷一郎住宅局長、近藤茂夫都市局長、西脇隆俊大臣秘書官が参加した と報道されているが、これは事実か。その他に、建設省職員で出席した職員がいればその氏名と役職、同席した政府系金融機関職員の氏名と当時の役職も併せて 明らかにされたい。建設省の内部調査では、この会合が開かれた日時はいつか。また、この宴席に参加した建設省職員への案内通知は誰が行ったのか。

答弁本文(pdf)

質問に対する答弁抜粋--

一から四までについて
 建設省において、平成八年五月当時の藤井治芳建設事務次官、豊田高司技監、伴襄官房長、小野邦久総務審議官、小鷲茂建設経済局長、近藤茂夫都市局長、松田芳夫河川局長及び橋本鋼太郎道路局長各人に確認したところ、
同年五月の宴会にはいずれの者も当時の梅野捷一郎住宅局長(故人)と共に参加し同年七月の宴会には藤井治芳建設省顧問、伴襄建設事務次官、橋本鋼太郎技監及び小野邦久官房長(いずれも官職は同月当時のもの)が参加し、同年八月の宴会にはいずれの者も参加しておらず、同年五月及び七月の宴会の会費については、いずれの参加者も支払っていないとのことであり、また、大臣交際費から、御指摘の宴会に 要したいずれの費用も支出されていない。
 その他の点については、建設省において確認できていない。

【メモ】
橋本鋼太郎
首都高速道路(株)代表取締役社長→日本土地建物本社ビル
・(財)日本不動産研究所評議員→勧銀不二屋ビル

伴襄
・(財)小林国際都市政策研究財団理事→松久と流通株買い占め人脈

|

2011年9月13日

政治資金の寄附と取締役の責任

政治資金の寄附と取締役の責任(pdf)ー北沢義博弁護士

熊谷組株主代表訴訟一審,二審判決の対比

【メモ】
北沢義博弁護士
・霞が関法律会計事務所設立→日本土地建物本社ビル
・(株)九九プラス監査役→キョウデン、ローソン

【考察】
これはとても良い資料が見つかりました。

|

アライズ・キャピタル・パートナーズ ver1.6

アライズ・キャピタル・パートナーズ(株)
2005年3月7日-設立
2005年4月13日-東京都千代田区神田須田町1-28に移転
2010年3月1日-東京都千代田区神田錦町2-1-8 竹橋ビルに移転

株主構成
あおぞらインベストメント(株) 50%
りそなキャピタル(株) 50%

代表取締役社長
-未詳
木内雅雄 あおぞら銀行から出向
(株)ジェイボック 取締役
GBIキャピタル(株)代表取締役副社長
※西本貿易グループ
(株)ナカヤデリフーズ 取締役
代表取締役社長
-2012.6
高橋真弥 あおぞらインベストメント(株)取締役
(株)ジェイボック 代表取締役
代表取締役副社長
-2011.6
蓮尾修一 りそな銀行から出向
代表取締役副社長
2011.6-
星淳一郎 (株)キネマ旬報社 取締役
代表取締役
2012.6-
加藤真
取締役 米井慎一郎 あおぞらインベストメント(株)代表取締役
(株)ジェイボック 取締役/監査役
取締役
2009.6-
嶋田昌美 りそなキャピタル(株)代表取締役社長
監査役
-2010.6
秋山哲一郎
監査役
-2010.6
高延寛子 (株)ジェイボック 監査役
監査役
2010.6-2010.10
2012.6-
西村義弘 (株)ジェイボック 取締役/監査役
監査役
2010.6-
河西豊
監査役
2010.10-2012.6
橘哲 あおぞらインベストメント(株)取締役
(株)ジェイボック 代表取締役
タカラビルメン(株)監査役

■ハココネ
高井章吾弁護士→藤林法律事務所→エスエフ茅場町ビル→りそなキャピタル(株)
アライズ・キャピタル・パートナーズ(株)※関連会社→竹橋ビル→ジャパンアセットトラスト(株)

ジャパンアセットトラスト(株)
・取締役:菱田哲也ジェムアソシエイツ(株)代表取締役
・監査役:太田諭哉:(株)スパイラル・アンド・カンパニー 代表取締役→ODAビル

よりたてビル→(株)ジェイボックアライズ・キャピタル・パートナーズ(株)

ジェムアソシエイツ(株)
・代表取締役:菱田哲也有限責任中間法人アルティマ板橋会 理事→アルティマ人脈の法人
・取締役:矢野亮有限責任中間法人アルティマ板橋会 監事→アルティマ人脈の法人

過去の出来事保管:みずほ銀行本店等の売却参照
過去の出来事保管:三井住友〜大手町本部ビルの取得参照

|

2011年9月12日

ケイミックス ver1.1

(株)ケイミックス
本店所在地:東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館
本社事務所:東京都中央区京橋2-5-7 日土地京橋ビル

■関連会社
(株)キョーエーメック
神奈川県横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル

(株)プロキャップ
東京都中央区京橋2-5-7 日土地京橋ビル

(株)協栄エンタープライズ
神奈川県横浜市都筑区早渕3-32-26

■メモ
日土地京橋ビル→東京宝くじドリーム館
産業貿易センタービル→(株)産業貿易センター

(株)産業貿易センターの監査担当会計士:島根伸好勧宝商事(株)監査役では?
(株)産業貿易センターの役員についてはEDINETにてご確認ください。

|

ゼロバンク

ゼロバンク--wikiより
ゼロバンク(ZEROBANK)とは、現在愛知県・岐阜県・三重県・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の各都県にあるサークルKサンクスに設置(傘下の99イチバや、同じユニーグループであるピアゴとラフーズコアの一部店舗にも設置)しているコンビニATMである。株式会社ゼロネットワークスが、それぞれの地域で幹事銀行3社(大垣共立銀行三重銀行東京スター銀行:2007年10月現在)と提携し、運営している。

沿革
ゼロネットワークスは開業にあたり大垣共立銀行(ネットプラザ支店)と提携し愛知県・岐阜県において営業を開始した。加えて2006年5月26日から三重銀行と提携し三重県で営業を開始、さらに2006年7月19日から新たに東京都・神奈川県・千葉県及び埼玉県を営業区域として東京スター銀行との提携が開始された。ATMは東京都内の3店舗を皮切りに同日設置開始され、2007年2月末までに対象都県内のイーネットATM未設置の大半の店舗に設置された。

株式会社ゼロネットワークス
東京都墨田区江東橋4丁目29番12号
株主:株式会社サークルKサンクス

代表取締役社長 : 塚本茂樹
取締役 : 及川恵一
取締役 : 袴田勝憲
(サークルKサンクス 執行役員 経営戦略本部 本部長 兼 経営戦略本部 総合企画部 部長)
取締役 : 本間修ニ
(サークルKサンクス エリア関係会社本部 関係会社管理部 部長)
監査役 : 金森幹雄
(サークルKサンクス 常勤監査役)

【メモ】
サークルKサンクス定款
14.乗車券、航空券、乗船券、各種チケット、宝くじ等の販売及びその取次業務

【つぶやき】
コンビニで宝くじ売ってるのは、サークルKサンクス以外あるのでしょうか?
東京スター銀行→ATM設置
キョウデン→SHOP99

【参考記事】
第一勧銀と小野グループ〜その2 ※小野グループによるサンクス買収

|

2011年9月11日

アセット・マネジャーズからのコネクション〜その1

アセット・マネジャーズ(株)--現・いちごグループホールディングス(株)
東京都千代田区内幸町1−1−1
--今回は2006年提出有報の役員

役員抜粋

役員 経歴抜粋
古川令治取締役
取締役会議長
1976年4月ー(株)日本長期信用銀行(現(株)新生銀行)入行
1996年7月ー(株)加ト吉に出向 業務企画国際部長
1997年2月ー同社取締役
2000年4月ー旧アセット・マネジャーズ(株)代表取締役社長
加藤義和取締役 1956年9月ー加ト吉水産(株)設立 代表取締役社長
1975年2月ー観音寺市長に就任
2001年11月ー大江戸温泉物語(株)取締役
2006年5月ーアセット・マネジャーズ(株)取締役
望月良三取締役 1999年3月ーアサヒビール(株)専務取締役営業本部長
2001年3月ー(株)アサヒ流通研究所代表取締役会長
2006年3月ーアサヒビール(株)社友
2006年5月ーアセット・マネジャーズ(株)取締役
田中成和取締役 1968年10月ー公認会計士田中成和事務所開設所長
2003年9月ー税理士法人セイワ第一会計設立代表社員
2006年5月ーアセット・マネジャーズ(株)取締役
2007年12月ー新菱冷熱工業(株)社外監査役
黒澤明宏上席執行役員 1989年4月ー(株)第一勧業銀行入行
2002年4月ー(株)みずほコーポレート銀行
2005年8月ーアセット・マネジャーズ(株)入社
        ソリューション事業部M&A部長
2007年6月ーアセット・インベスターズ(株)取締役
2007年6月ー(株)極楽湯取締役
2008年7月ー(株)G&Rコーポレーション代表取締役
2009年4月ー中小企業投資機構(株)入社社長執行役員
2009年10月ー同社代表取締役社長
2009年12月ーマルマン(株)取締役
2010年6月ー(株)カーチスホールディングス取締役
2010年6月ーNISグループ(株)取締役

【考察】
とりあえず、大江戸温泉物語へ次回は進もうと思います。

|

株主比較ー東京美装興業、サンシャインシティほか

東京美装興業(株)
沿革より--
昭和32年9月ー創業者 八木祐四郎が池袋丸物デパート(現 池袋パルコ)受注を機に、ビル清掃業を目的として東京都中央区銀座一丁目3番地に東京美装興業株式会社を設立し、池袋・新宿を拠点に業務を開始する。
【大株主/自社関係と個人を除く】
セコム株式会社
株式会社テーオーシー
株式会社リンレイ
株式会社穴吹工務店
三井不動産株式会社
興和不動産株式会社
新菱冷熱工業株式会社
北野建設株式会社

■(株)サンシャインシティ
沿革より--
昭和41年10月ー旧東京拘置所を再開発し池袋を副都心化するために株式会社新都市開発センターとして設立。
【大株主/自社関係と個人を除く】
三菱地所株式会社
株式会社そごう・西武
株式会社みずほコーポレート銀行
東京電力株式会社
株式会社クレディセゾン
株式会社三菱東京UFJ銀行
株式会社東芝
三菱UFJ信託銀行株式会社
明治安田生命保険相互会社
新菱冷熱工業株式会社

■(株)テーオーシー
沿革より--
大正15年4月ー医薬品の製造販売を目的として、星製薬(株)を設立。

【大株主/自社関係と個人を除く】
ロイヤルバンクオブカナダトラストカンパニー(ケイマン)リミテッド(常任代理人 立花証券株式会社)
新菱冷熱工業株式会社
大成建設株式会社
ゴールドマンサックスインターナショナル(常任代理人 ゴールドマン・サックス証券株式会社)
日本生命保険相互会社

■(株)オリエントコーポレーション
沿革より--
昭和53年6月ー本社機構を東京都豊島区東池袋3丁目1番1号に移転。

【大株主/自社関係と個人を除く】
株式会社みずほコーポレート銀行
伊藤忠商事株式会社
株式会社みずほ銀行
東京センチュリーリース株式会社
新菱冷熱工業株式会社
富士通株式会社
清和綜合建物株式会社
中央不動産株式会社
日本土地建物株式会社

【メモ】
東池袋3丁目1番1号=サンシャインシティ住所

|

2011年9月10日

大東亜省

大東亜省--wikiより
東條英機内閣(提案の中心となったのは鈴木貞一企画院総裁)によって、1942年(昭和17年)11月1日に設置される。拓務省が他省庁(興亜院、対満事務局、外務省東亜局及び南洋局)とともに一元化され、官房、参事、総務局、満洲事務局、支那事務局及び南方事務局によって構成される。いわゆる大東亜共栄圏諸国を他の外国とは別扱いとして外務省の管轄から分離させて、日本の対アジア・太平洋地域政策の中心に据える構想であった。イギリスにおけるインド植民省をモデルとしていた。

大東亜大臣
初代:青木一男:1942年11月1日-1944年7月22日

設置当初の幹部人事
顧問:安岡正篤

【参考記事】
青木一男氏→会長はなぜ自殺したか〜金融腐敗=呪縛の検証
安岡正篤氏→白山とシグマ・ゲイン

【つぶやき】
興亜院……興亜……KOA……コーア
興亜院→1938年12月16日に設立された日本の国家機関の一つ
コーア(株)→1940年3月 - 向山一人(元国会議員)が東京市荏原区(現品川区)小山に興亜工業社として創業

|

2011年9月 9日

合同会社クロノス

合同会社クロノス
東京都千代田区内幸町1−1−1

2008年2月4日設立

業務執行社員:
1)有限責任中間法人スター・ホールディング(設立〜名称変更)
→一般社団法人人スター・ホールディング(2010年1月28日名称変更〜2010年9月1日)
2)いちごグループホールディング(株)(2010年9月1日〜)

代表社員
有限責任中間法人スター・ホールディング(設立〜名称変更)
(職務執行者:村上巨樹氏)
一般社団法人人スター・ホールディング(2010年1月28日名称変更〜2010年9月1日)
(職務執行者:吉松健行氏)
いちごグループホールディングス(株)(2010年9月1日〜)
(職務執行者:吉松健行氏)

【考察】
聞いたような名前が……。
スター=星、クロノス、といえばハーデスグループに株式会社がありますね。
同じ神様の名前や恒星名を使って、合同会社やSPCを並行して作るのは良くあるパターンです。
ちなみに富国生命ビル(千代田区内幸町2−2−2)内にも同じ名前の合同会社がありました。

【参考記事】
ワイズテーブルコーポレーション
東京法務局管轄のクロノスという名前の法人一覧

|

ザンメル印刷機関連

■明治大学平和教育登戸研究所資料館ー陸軍登戸研究所関係年表より
1940年に入り、登戸研究所ザンメル印刷機をドイツから購入

映画「日本列島」熊井啓への旅より
実在した謎の事件がいくつも出てくるが、核はザンメル印刷機をめぐる事件だ。昭和十五(一九四〇)年、ドイツから輸入された世界最高級の高性能印刷機は、中国紙幣や米ドル、パスポートなどを大量に偽造し、日本に優位な経済戦を演出した。日本軍の秘密兵器を開発していた第九技術研究所(登戸研究所)の第三科の担当だった。
 この技術者たちは戦後の朝鮮戦争勃発直前にCIA(アメリカ諜報機関)の要請で、横須賀アメリカ海軍基地内で技術協力した。具体的には中国、北朝鮮、ソ連に潜入する工作員たちの身分証明書、軍隊手帳等の偽造をおこなったとされる。

熊井啓--wikiより
長野県南安曇郡豊科町(現安曇野市)に、地主の父、元教師の母の息子として生まれる。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)、旧制松本高校を経て新制の信州大学文理学部へ入学。

赤い渓谷 顔のない刑事・追跡行
太田蘭三

内容(「BOOK」データベースより)
警視庁捜査一課第二係は継続捜査係である。迷宮入り事件を粘り強く捜査する特捜刑事・香月功は、休暇で登った奥秩父・甲武信岳で、男女の死体を発見した。当初は豪雨下の遭難死と思われたが、香月は不審を抱き、単独捜査を開始した。やがて、死体発見現場を捜索中、精巧なニセ札を発見。香月は容疑者を捜し戦中にドイツから持ち込まれたザンメル印刷機を追うが…。警察小説の金字塔「顔のない刑事」シリーズ第3弾。

太田蘭三--wikiより
太田 蘭三(おおた らんぞう、1929年4月19日- )は日本の小説家。三重県鈴鹿市出身。本名・太田等。三重県立津高等学校を経て中央大学法学部卒。

|

ワイズテーブルコーポレーション

(株)ワイズテーブルコーポレーションの過去のIRポイント

2006年12月14日--タカラビルメン(株)株式取得子会社化
2007年2月13日--—アセット・マネジャーズ(株)、アセット・インベスターズ(株)との業務資本提携
2007年2月末----—台湾に孫会社設立 
2007年8月15日--—台湾の孫会社、解散決議
2008年11月30日--第一ビルサービス(株)株式取得子会社化
2010年3月18日--—タカラビルメン(株)をアセット・マネジャーズに売却

タカラビルメン(株)→茨城県龍ヶ崎市中根台4−10−1
株式譲渡時は、内田大敬代表取締役社長
→その後、昭和キョウデン(株)代表取締役、昭和KDE(株)取締役管理本部長

【参考記事】
アールエフマイコン

【つぶやき】
どうして、いちごグループの所在地が幸町1−1−1なのでしょう。
場所や名前には理由があります。

|

昭和通商

wiki連鎖メモ。

昭和通商--wikiより
昭和通商の前身である泰平組合は、明治41年6月に三井物産大倉商事、高田商会の3社が共同出資して設立され、主に余剰となった軍の旧式小銃・火砲の払い下げを受けて中国・タイ等に輸出する事を目的とした組合である。
ーーー
しかし大戦が終了すると同組合の輸出は伸び悩みはじめ、昭和14年4月には高田商会が抜け、航空機・装甲車輌などを製造していた三菱重工を傘下に持つ三菱商事が新たに加入して、昭和通商が設立された。
ーーー
昭和通商の設立
昭和通商は、1939年(昭和14年)に陸軍省軍事課長の
岩畔豪雄大佐の主導で設立され、業務上の指導・監督権や人事権を陸軍省が一手に握り、陸軍の施策に準じて商行為を行う半官半民的な商社であった。

その設立目的は「兵器工業の維持と健全な発達、陸軍所要の海外軍需資源の一部輸入、国産兵器の積極的海外輸出と、陸軍所要の外国製兵器の輸入など」とされ、表向きは民間の商社として活動を開始したが、その実態は駐在員(多くは予備役の軍人だった)が現地で情報収集など諜報を行ったり、朝鮮・満洲で生産された
阿片を中国市場に持ち込み、里見らの宏済善堂を通じて換金し、戦争遂行に必要な戦略物資の調達にあたるなど、様々な活動を行っていた。

岩畔豪雄--wikiより
諜報謀略機関
    軍人による経済面への強権発動の訓練を満州で積んだ岩畔は1934年(昭和9年)東京に呼びもどされ再度、整備局の課員になる。1936年(昭和11年)8月、二・二六事件の勃発により陸軍省兵務局課員へ異動、事件終息後の軍法会議を担当した。また外国大使館の盗聴や郵便検閲、偽札製造の研究など諜報活動に従事。同年「諜報、謀略の科学化」という意見書を参謀本部に提出。日本陸軍は情報に対する関心を著しく強くし、初めて秘密戦業務推進が命ぜられた。
    1937年(昭和12年)8月、歩兵中佐に昇進し、同年11月、防諜・謀略活動を目的として新設された参謀本部第8課へ異動。影佐禎昭大佐を課長とし、別名を謀略課と称した同課の主任として秘密裡に進められた汪兆銘樹立計画に関与。
    同年、兵務課内に陸軍省・参謀本部内でさえ、存在を秘匿されたといわれる地下機関「秘匿名警務連絡班」を創設。班長秋草俊とし秘匿名を「
」と称しCIAのような機関を目標とした。

登戸研究所
なお、登戸研究所は1944年頃から米機の空襲が頻繁となったため、研究所の第1科、第2科は、長野県伊那地方に疎開。偽札を製造をしていた前述の第3科は福井県武生市に疎開した。

ーーー
昭和通商
同年4月、三井、三菱、
大倉財閥の出資で満州に軍需国策会社・昭和通商を設立。昭和通商は、商社として営業機構と外国からの情報収集を主とする特務任務のための調査部機構の二大機構に分けて組織されていた。このため、経済人はもちろん、軍人、役人、学者、ジャーナリスト、スポーツ選手ら多士済々な人物が所属、あるいは関与したエリート集団であった。昭和通商には堀三也、大岸頼好、竹内俊吉、五島徳次郎、関山義人、石田礼助らが在籍した他、岡正雄、川喜田二郎、今西錦司、児玉誉士夫、許斐氏利なども関わったとされる。

大倉財閥--wikiより
大倉喜八郎の長男である大倉喜七郎は、父の後を継いで、1922年、帝国ホテルの会長、1924年、大倉組頭取に就任した。戦後、公職追放を経て帝国ホテル社長への復帰を渇望したが、それがかなわないと見るや、1958年にホテルオークラを創設した。

岡正雄--wikiより
岡 正雄(おか まさお、1898年(明治31年) - 1982年(昭和57年))は、日本の民族学者。兄は民族学や考古学、山岳書の名著を多数出版した岡書院店主の岡茂雄

長野県松本市生まれ。旧制松本中学(現・長野県松本深志高等学校)、第二高等学校を経て、1924年、東京帝国大学文学部社会学科を卒業。卒論は「早期社会分化における呪的要素」。東京女子歯科医学専門学校のドイツ語教師を経て、1925年(大正14年)から柳田國男とともに民族学雑誌『民族』を共同編集し、岡書院から刊行した(~1929年)。1929年(昭和4年)、渋沢敬三の援助を得てオーストリアへ渡り、ウィーン大学のヴィルヘルム・シュミットのもとで民族学を学ぶ。1933年(昭和8年)に同大学より博士号を授与される。

岡茂雄--wikiより
陸軍中央幼年学校から陸軍士官学校(28期)を経て陸軍中尉。
ーーー
鳥居龍蔵の『人類学上より見みたる北東アジア』(1924年刊)を手始めに、南方熊楠の『南方随筆』(1926年刊)、『続南方随筆』(1926年刊)。柳田國男の『雪國の春』(1928年刊)や八幡一郎の『南佐久郡の考古学調査』(1928年刊)など。梓書房名義の出版では、山階芳麿の『日本の鳥類と其生態』(1934年刊)[1]、京都帝国大学遠征隊報告『白頭山』(1934年刊)などがあり、民族学・考古学から山岳・自然関係の名著を、短期間ながら多数出版した。
雑誌類では、1925年(大正14)9月に、民族・民俗学の綜合隔月誌『民族』を創刊。現在も
日本野鳥の会の機関誌となっている雑誌『野鳥』も、中西悟堂らの懇請を入れる形で岡が梓書房から創刊したのが始まりとなる。

金田一京助の『ユーカラの研究:アイヌ叙事詩』Ⅰ・Ⅱも、柳田國男に頼まれた岡の協力と励ましにより、金田一が、関東大震災で焼失した欧文の学位論文を、邦文で新たに書き直したものである。出版の際には、岡の斡旋により、東洋文庫渋沢敬三からの経済的助成が金田一に贈られたりもした。

日本野鳥の会--wikiより
2009年現在の本部は東京都品川区西五反田3丁目9番23号
ーーー
歴代会長
    中西悟堂 (1934年~)
    山下静一 (1981年~)
   
黒田長久 (1990年~)
    小杉隆 (2001年~)
   
柳生博 (2004年~)
ーーー
1994年に放送された三共胃腸薬のCMで「日本胃腸の会」というパロディが放映された。

黒田長久--wikiより
侯爵で鳥類学者だった黒田長禮の長男。母は閑院宮載仁親王第二女子茂子女王。夫人は侯爵醍醐忠重の娘・和子。黒田長政から数えて福岡黒田家15代目の当主である。今上天皇ははとこに当たる。同じ鳥類学者である山階芳麿は義理の従兄弟でもある。

今回は、この辺りで。

|

京橋ー星製薬ビル

星新一の小説「人民は弱し 官吏は強し」の冒頭で登場する星製薬の京橋本社ビル。

大正三年の早春。京橋の交差点そばの大通りに面して、鉄筋コンクリート四階建てのビルができた。

交差点とは中央通りと鍛冶橋通りだと思われます。

1930年代東京の上林暁が麦酒を飲んだ京橋交差点の第一相互館のこと。」(日用帳)外部リンクによると

第一相互館の斜め向かいには当時、星製薬の建物があって3階建の西洋館の上の看板が特徴的だったけれども、震災で罹災後に7階建てのビルになりダンスホールやカフェテリアが入る。

星製薬から鍛冶橋通り沿いに皇居方面を写した写真がこちらにあります
手前に「クスリ★はホシ」の看板が見えますね。

第一相互館周辺の現在については→「京橋ってどんな場所?【其の2】 」(有楽土地)外部リンク

どうやら「京橋3-1プロジェクト」近辺のようですね。

総合すると、星製薬本社は、このブロック辺りかと--

大きな地図で見る

日土地京橋ビルがあります。 日土地京橋ビル=東京宝くじドリーム館でロトやナンバーズの抽せんが行われているビルで、名前のとおり日本土地建物の所有物件です。
宝くじのシステムを取り扱う、(株)日本宝くじシステムも所在地はこのビルです。

|

2011年9月 8日

西武鉄道も白山

西武鉄道

白山 進代表取締役社長・社長執行役員
結構興味深い→成蹊大学の人物一覧
このパターンは無かったですね。
以上

ちなみに取締役会長は第一勧銀四人組の後藤高志氏。

|

アンティグア・バーブーダ

アンティグア・バーブーダ --wikiより
アンティグア・バーブーダ(英語: Antigua and Barbuda)は、カリブ海東部の小アンティル諸島に位置するアンティグア島、バーブーダ島、レドンダ島からなる国家である。首都はセントジョンズ。
イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国である。

政治
アンティグア・バーブーダはイギリス連邦に属し、
元首はイギリス国王である。国王の代理として、総督が置かれている。行政権を執行しているのは首相であり、政府の代表でもある。通常、首相は下院の多数党の党首が選出される。下院は17名で構成されており、5年ごとに改選される。上院も17名で構成され、議員は総督によって指名される。

米州ボリバル同盟に加盟している。


在東京アンティグア・バーブーダ名誉領事館

Honorary Consulate of Antigua and Barbuda in Tokyo
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-19-3 第一生命ビル8階 山銀通商株式会社 内
名誉領事:佐藤 博 氏
Mr. SATO Hiroshi
管轄区域:日本全土

(注)
査証については駐日英国大使館が取り扱っています。

|

2011年9月 7日

守随ビルディング ver1.2

■守随ビルディング(株)

会社法人等番号 059024(中央区)
087191(港区)
本店 東京都中央区京橋2-7-19
会社成立の年月日 1957年5月24日
移転履歴 2010年3月29日-港区虎ノ門1-1-10に移転
移記 1999年5月20日(中央区)

役員抜粋

代表取締役
1998.10重任-2002.6
山中博 1985年10月-(株)第一勧業銀行 喜多見支店長
未詳-三都興業(株)取締役
未詳-(株)ヒビヤ・エージエンシー 取締役
未詳-日土地総合管理(株)代表取締役
※現・日土地ビルサービス(株)
代表取締役
2002.6-2004.6
宮田昌之 1984年5月-(株)第一勧業銀行 岡山支店長
1986年5月-同行 横浜西口支店長
1990年5月-同行 築地支店長
2001年7月-勧業日土地販売(株)取締役
代表取締役
2004.6-2007.6
仲田禮三
仲田礼三
1987年8月-(株)第一勧業銀行 支店長
未詳-(株)陽光ビルサービス 代表取締役
未詳-(株)
陽光エステート 代表取締役
未詳-(株)九段エステート 代表取締役
未詳-勧業不動産(株)取締役
2001年6月-日土地ビルサービス(株)監査役
2002年1月-日本土地建物(株)監査役
代表取締役
2007.6-2010.5
菅原敏行 1987年2月-(株)第一勧業銀行 金沢支店長
1992年4月-同行 六本木支店長
1997年6月-ニツセキハウス工業(株)代表取締役
1998年3月-ニツセキ開発(株)取締役
1999年5月-(株)マイカル 取締役(-2001.9)
2006年5月-日本土地建物販売(株)監査役

ニツセキハウス工業は
小野グループ
代表取締役
2010.5-
池田久雄 日本土地建物(株)常務執行役員

■メモ
日土地ビルサービス(株)事業所

[関西支社]
大阪府大阪市中央区北浜3-6-13 日土地淀屋橋ビル→旧・大阪宝くじドリーム館所在地
[京橋営業所]
東京都中央区京橋2-5-7 日土地京橋ビル→東京宝くじドリーム館所在地
[原町営業所]
東京都文京区白山5-16-6 日土地原町ビル新館→宝くじ業務センター所在地

ニツセキ開発(株)→後の宝商事(株)

■記事
守随ビル跡地で京橋イーストビル建設に着手、日本土地建物
2011/08/10

日本土地建物(本社:千代田区)は2011年8月、中央区京橋2丁目の守随ビルなどの跡地で「京橋イーストビル」の開発に着手する。オフィス、店舗の複合ビルで、地上11階地下1階建て、延べ床面積1万5238m2の規模となる。竣工は2013年4月の予定だ。

|

テーオーシー

(株)テーオーシー
東京都品川区西五反田7−22−17 TOCビル

■大株主抜粋(オータニ、金融会社関連以外)
新菱冷熱工業(株)
→グループ会社の関東冷機(株)の所在地がTOCビル(2011年8月より)
→他の上場企業では、(株)オリエントコーポレーションの大株主
大成建設(株)

■wikiより抜粋--
1926年(大正15年)4月に、SF作家として有名な星新一の父・星一が、星製薬株式会社として創業。星新一も社長を務めたことがある。現在は、ニューオータニと同じ大谷家が経営を行っている。

1926年4月 - 星製薬株式会社を設立。
1982年4月 - 子会社の株式会社東京卸売りセンターを吸収合併し、不動産事業を承継して、現在の株式会社テーオーシーに商号変更。子会社・大谷製薬株式会社を(新)星製薬株式会社に商号変更して、医薬品販売部門を移管。

持分法適用会社
大崎再開発ビル株式会社 - 大崎ニューシティの建物賃貸、ビル管理業務。他に、日本土地建物株式会社、日本精工株式会社、NSK土地建物株式会社(日本精工子会社)、東建ビルディング株式会社(東京建物子会社)が出資。

■TOCビルにかつて入っていた企業
・第一勧業銀行五反田支店
サンリオ

■(株)ニューオータニ→役員はwiki参照
東京都千代田区紀尾井町4−1
大谷米太郎→蔵前国技館の建設勧進元

■紀尾井町4−1といえば
例えばこんな会社が
・オメガプロジェクト・ホールディングス(株)
・(株)慧光塾(2001年4月15日移転〜2007年9月15日解散)

大崎ニューシティ--wikiより
大崎ニューシティ(おおさきニューシティ、英文名称OHSAKI NEW CITY)は、東京都品川区大崎の再開発地区。旧日本精工大崎工場跡地に、1987年に完成した。大崎地区は東京都の指定する7つの副都心のひとつ・大崎副都心にあたり、現在ゲートシティ大崎やThinkParkなどの再開発地区があるが、大崎ニューシティはその先駆けである。テーオーシー日本土地建物、日本精工などが出資した大崎再開発ビル株式会社が管理・運営を行う。

中央の広場「O-パティオ」を囲むように、1号館から5号館まで5つのビルが建つ。
    1号館 - TOC大崎ビルディング
     
サンリオ本社などが入居
    4号館 - 新大崎勧業ビルディング
   
日本土地建物、大崎駅前郵便局などが入居

【考察】
歴史的にいわく付の名所が東京には色々あるのですが、その中でも星製薬跡地であるTOCは特筆に値します。
サンリオは大崎のTOC大崎ビルディングに本拠地を移しています。
サンリオも一緒に書こうと思ったのですが、長くなりそうなので次回にします。
第一勧業銀行で五反田の営業勢力を拡大したのは、片岡支店長(後の宝くじ部長)です。

|

2011年9月 6日

縄文アソシエイツ

縄文アソシエイツ(株)
東京オフィスー東京都港区虎ノ門1-4-2 虎ノ門東洋ビルディング7F
大阪オフィスー大阪市中央区北浜3-1-22 あいおいニッセイ同和損保淀屋橋ビル10F

1996年4月15日--設立

役員抜粋 就任 経歴抜粋
熊谷一雄社外監査役
社外取締役
2007年6月〜2011年6月
2011年6月〜
(株)日立製作所代表取締役副社長
(財)倉田記念日立科学技術財団理事長
(財)助成財団センター理事長
東洋大学理事
日東電工(株)監査役
日立マクセル(株)取締役
(株)世界貿易センタービルディング社外監査役
井上善雄社外取締役 未詳〜 日本興業銀行入行
(株)巴川製紙所代表取締役社長
宮城一浩社外監査役 2011年6月〜 (株)トランスサイエンス監査役
コーア(株)社外監査役
佐藤英彦社外監査役 2011年6月〜 警察庁長官
※同期に平沢勝栄議員
警察共済組合理事長
地方公務員共済組合協議会理事
大日本住友製薬社外監査役

【考察】
・(財)倉田記念日立科学技術財団→外神田4丁目
アールエフ・レボリューション(株)取締役CTO→鳥取猛志氏→日立マクセル特許申請で多数名前を確認
コーア(株)→長野県上伊那郡箕輪町

東京、大阪ともにオフィスの場所も興味深いのですが、また別の機会に。

【参考記事】
柴野たいぞう議員 ※伊藤公介元議員とコーアの関係
世界貿易センタービルディング
アールエフマイコン ※アールエフ・レボリューション
外神田3丁目狂騒曲

【つぶやき】
登戸研究所で見かけるキーワードがポツポツと……。
上伊那、巴川製紙所。

|

2011年9月 5日

福井県立若狭高等学校

福井県立若狭高等学校 --wikiより
著名な卒業生抜粋
高井麻巳子 (元おニャン子クラブ。秋元康夫人)
小林栄三 (伊藤忠商事社長)
熊谷一雄 (日立製作所副社長)

前にも書きましたが、こっちもすごいですよ。
福井県立藤島高等学校

福井はすごいなあ。さすが福が居る県です。

|

柴野たいぞう議員

臨時メモ

柴野たいぞう元議員--wikiより

大学卒業後、同類と共に起業。多摩教育アカデミー学院を設立して学院長を務めるなど事業をする傍ら、新自由クラブの結党に参加し、新自由クラブ青年部を経て、衆議院議員山口敏夫秘書、衆議院議員伊藤公介秘書、新自由クラブ政策委員、新自由クラブ青年協議会会長、新自由クラブ全国連合政策室次長を務める。

伊藤公介議員--wikiより
伊藤 公介(いとう こうすけ、1941年10月23日 - )は、長野県上伊那郡高遠町(現・伊那市)出身の政治家、実業家。

政治家志望を実現するため同郷の自由民主党代議士向山一人(伊那毎日新聞創業者)を頼り、1969年に向山が経営する興亜電工に入社、向山の個人秘書に採用される。

興亜電工→現・コーア(KOA)--wikiより
コーア株式会社は、長野県上伊那郡箕輪町に本社を置く抵抗器を中心に扱っている電子部品メーカーである。

箕輪町--wikiより
産業
本社機能を置く主な企業
    キョウデン
    コーア

主力工場を置く主な企業
    養命酒製造(中央研究所)
    NTN
    セイコーエプソン(松島事業所)・エプソントヨコム(伊那事業所)

柴野氏のご冥福をお祈り申し上げます。

【参考記事】
大正製薬ーワシのマークの由来

|

東京リース管財

■会社法人番号:0100−01−034470
1972年4月22日--テー・エル・シー・サービス(株)設立(千代田区大手町2−6−2)
1982年4月1日--東京リース管財(株)に商号変更
1984年8月1日--千代田区霞が関1−4−1に移転 ※日本土地建物本社ビル
2000年4月25日—中央区日本橋小伝馬町1−4に移転
2006年2月1日--中央区日本橋小伝馬町1−4東京リース管財(株)に合併解散

日本橋小伝馬町1−4にいた期間
2000年4月25日〜2006年1月31日

代表取締役
赤沼二己男代表取締役(未詳〜2001年6月28日) ※(財)合気会参照
並木 宏代表取締役(未詳〜2001年3月6日)
池田義明代表取締役(2001年3月6日〜合併解散)
海老原政徳代表取締役(2001年6月28日〜合併解散)

■会社法人番号:0100−01−061720
1987年1月12日--東京ライフビジネス(株)設立(中央区日本橋本町3−9−4)
1993年2月22日--中央区日本橋小伝馬町1−4に移転
2006年2月1日--東京リース管財(株)登記
2006年2月1日--中央区日本橋小伝馬町1−4東京リース管財(株)を合併
2010年4月1日--センチュリー・ビジネス・サービス(株)を合併
2010年4月1日--TCエージェンシー(株)に商号変更
2010年6月17日—台東区台東2−27−5に移転 ※日土地御徒町ビル

日本橋小伝馬町1−4にいた期間
1993年2月22日〜2010年6月16日

代表取締役
佐藤公雄代表取締役(未詳〜2002年6月26日)
小林勝利代表取締役(2002年6月26日〜2005年2月28日)
加治重一代表取締役(2005年2月28日〜2006年2月1日) 
大合併〜小説第一勧業銀行ーその1参照
十川俊彦代表取締役(2005年3月1日〜2006年8月31日)
池田義明代表取締役(2006年2月1日〜2006年6月23日)
海老原政徳代表取締役(2006年2月1日〜2008年6月23日)
芦谷昭司代表取締役(2006年6月23日〜2007年9月30日)
鈴木達雄代表取締役(2007年10月1日〜2010年4月1日)
浅田俊一代表取締役(2008年6月23日〜2010年3月31日)
川嶋 正代表取締役(2010年4月1日〜未詳)

【考察】
同住所の同名法人へすげ替えです。
(株)タウンドリームも同じ手法だったと思います。
ニツセキハウス工業(株)は、1994年10月25日まで日本橋小伝馬町1−4でした。

【関連記事】
第一勧銀と小野グループ〜その1
日新建物と管理物件コネクション

|

【IR】東京センチュリーリース

子会社への会社分割(簡易吸収分割)の実施に係る方針決定について(pdf)

東京センチュリーリース(株)→簡易分割100%子会社→新会社
TCエージェンシー(株)の不動産管理事業を吸収分割により承継。

会社分割効力発生→2012年1月1日予定

【つぶやき】
TCエージェンシー(株)と東京リース管財(株)の旧所在地は日本橋小伝馬町1−4
ニツセキハウス工業と同じ

|

2011年9月 4日

東京スター銀行

東京スター銀行--wikiより
当初はアメリカの投資ファンド会社ローンスターが筆頭株主となり、積極的な投資支援を行い東京信用組合・東京中央信用組合・千葉県商工信用組合・中部銀行の営業の全て若しくは一部を譲り受け、東京スター銀行に継承させた他、西友グループのノンバンクで1990年代からの多額の不良債権により破綻状態であった(西友の経営不振と、それに伴うセゾングループ解体の元凶ともされる)「東京シティファイナンス(TCF)」グループ3社と、りそなショックに伴うリストラ策でりそなグループの「総合住宅ローン」を買収。これを機に統合しTSBキャピタルとし、東京スター銀行のノンバンク部門を請け負うこととなった。

主な商品
スターワン口座

ATM設置箇所
大学
    東京大学本郷キャンパス(東京都文京区) - 生協売店内に設置。
   
星薬科大学(東京都品川区) - 生協内に設置。
    東京大学駒場キャンパス(東京都目黒区) - 駒場コミュニケーションプラザ購買部内に設置。
    和光大学(東京都町田市
    明治学院大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市戸塚区) - G館横浜生協ショップ内に設置。
    愛媛大学農学部キャンパス(愛媛県松山市) - 大学生協ショップ内に設置。

【考察】
メモ記事程度。
スターワン→和訳すれば星一

星一
氏(wikiより)
福島県いわき市出身の実業家。「製薬王」と呼ばれた。略称、ホシピン。SF作家星新一の父。写真植字機を開発した石井茂吉と森澤信夫が出会うきっかけとなった星製薬の設立者であり、星薬科大学の創立者でもある。

1924年(大正12年):戦友共済生命保険を買収し、社長に就任。
1925年(大正14年):阿片令違反で起訴される(その後無罪判決)。

事業のその後
星一が設立した星製薬はその死の前後から急激に経営が悪化し、ニューオータニグループのもとで再建が行われた。その後「
株式会社テーオーシー 」(略称TOC)と改称し、販売部門を分離独立して新たな子会社として「星製薬株式会社」が設立された。2003年、TOCの製薬部門とその販売部門である上記「星製薬株式会社」が統合され、製造ラインを持つ新・新「星製薬株式会社」が誕生した。ただし、収益の大半は不動産事業によるものであり、製薬事業部門の寄与度は小さい。

一方、会社創立時に社内に設置した教育部は「星薬業講習会」へと発展し、「星製薬商業学校」→「星薬学専門学校」を経て、現在の星薬科大学の母体となった。戦友共済生命保険は金融恐慌の際に経営が悪化し、第一徴兵保険に保険契約を包括移転した。

第一徴兵保険→その後の東邦生命保険

TOCビルにかつて入っていた会社や現在入っている会社を見てみると、かなり興味深いです。

【メモ】
東京スター銀行→椎名武雄氏もかつて、社外取締役でした。
取締役の選任・退任について : 東京スター銀行(pdf)

【つぶやき】
星一徹&梶原一騎

|

ヤマトマテリアルとRFID

RFID注力中。
今回はヤマトマテリアルの特許です。
会社名で特許検索をすると1件のみです。
親会社のヤマト科学で検索すると特許54件、実用新案が13件もあるのですが、それに比べると随分と少ないというか、どうしてこれだけなのでしょう?
その1件だけなのが--

発明の名称 :   ICタグ付き食器とその成形方法
【出願番号】    特許出願2007-235128
【出願日】    平成19年9月11日(2007.9.11)
【識別番号】    594197975
【氏名又は名称】    大蔵商事株式会社
【住所又は居所】    愛知県名古屋市東区葵一丁目9番18号
【出願人】   
【識別番号】    593096169
【氏名又は名称】    ヤマトマテリアル株式会社
【住所又は居所】    東京都中央区日本橋本町二丁目一番六号

要約:熱硬化性樹脂製のICタグ付き食器において、熱硬化性樹脂の持つ強靭性をICタグの保護に作用させることにより、ICタグを、食器本体に対して安全に取付けることを目的とする。

要は樹脂茶碗にICタグとでもいうのでしょうか?
サッカーボールにICタグを採用検討というニュースをどこかで見たことがありますが、それに類似の感じです。

ヤマトマテリアル(株)現役員抜粋
小寺義信取締役→ケイ・エス・オー(株)(旧・日宝販)監査役
日本債券信用銀行ー改革時役員参照

中村重登監査役
・第一勧業銀行入行
太田昭和監査法人入所
ヤマト科学(株)監査役

小寺義信取締役の前任--
上原知男取締役
・第一勧業銀行奈良/西新宿支店長
・日本土地建物販売(株)代表取締役
三都興業(株)代表取締役
・(株)ヒビヤ・エージェンシー代表取締役
日本土地建物(株)代表取締役副社長
新日本無線(株)監査役

そして、親会社のヤマト科学(株)に
椎名武雄取締役

【関連記事】
HOYAからのコネクション〜その1 ※椎名武雄氏
片岡宝くじ部長と人脈 ※椎名武雄氏

【つぶやき】
ヤマト

|

外神田3丁目狂騒曲

プリヴェ企業再生の株が連日ストップ高で異常高騰していた頃、もう一つ異常高騰した株があります。
それがT・ZONEホールディングスです。
パソコン屋風情がなんでこんなに騰がるの、と当時疑問に思っていました。
それより少し前、にわかに裏側で注目を浴びていたのが、秋葉周辺、とりわけ外神田3丁目です。

■ツートップ--キョウデン傘下
ユニットコム--wikiより
2000年6月 フリーウェイが民事再生法の適用を申請し事実上倒産。その後間もなくキョウデンの傘下に入る。
2002年11月 キョウデンがフリーウェイ(ツートップ)を清算し、新設のツートップ株式会社に売却。

ツートップ(株)--東京都千代田区外神田3−14−10

■T・ZONE.--SFCG傘下
MAGねっとホールディングス--wikiより
2002年(平成14年)3月 - 株式会社CSKが株式会社ヴィーナスファンド・ホールディングスの公開買付に応じ、株式会社ヴィーナスファンド・ホールディングスの子会社(出資比率82.8%)に(ヴィーナスファンド投資事業組合による経営権取得)。

2002年の(株)T・ZONE.事業報告書より
(株)T・ZONE.--東京都千代田区松永町18−1
T・ZONE. AKIBA PLACE--東京都千代田区外神田3−15−1
T・ZONE. PC DIY SHOP--東京都千代田区外神田3−11−4

■アールエフ・レボリューション--日本ハーデス、一柳アソシエイツ傘下
アールエフ・レボリューション(株)
2003年6月26日--設立(東京都千代田区外神田3−13−2)

地図で見ればわかりますが、非常に狭いエリアに3つが集中しています。
そして、共通点については以前にも書きましたが--
ツートップ→岩本信徹代表取締役→白山地名住所→キョウデンエリアネット代表取締役
六本木7−15−7→日本ハーデス登記住所ビル=みずほ銀行六本木支店ビル

次にT・ZONE.ですが、2004年の事業報告書では下記住所に移転しています。
東京都中央区日本橋堀留町1−5−7
ここはユービルで、(株)マイダスキャピタル、(株)ケン・エンタープライズなどSFCG関連会社が多く入っていたビルです。
そして、このビルにはかつて、ある会社も入っていた事が特許検索でわかります。

【発明の名称】 透明部材とその製造方法
【出願番号】 特許出願平5-330768
【出願日】    平成5年(1993)12月27日

【識別番号】    000005108
【氏名又は名称】    株式会社日立製作所
【住所又は居所】    東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
【出願人】   
【識別番号】    000116231
【氏名又は名称】    ワシ興産株式会社
【住所又は居所】    東京都中央区日本橋堀留町1丁目5番7号 ユービル7階

ワシ興産→小野グループです。

【関連記事】
アールエフマイコン
白山とシグマ・ゲイン
アロシステムとアイ・シー・エフ
第一勧銀と小野グループ〜その2
日本ハーデス
岩谷産業からのコネクション

|

大正製薬ーワシのマークの由来

大正製薬--wikiより
1955年から社章として用いられている「ワシのマーク」だが、これは当時社長であった上原正吉が、自身の出身地である杉戸町埼玉県北葛飾郡)の地図上の形を模したと言われている。

石井絹治郎氏--wikiより
大正製薬の創業者・初代社長で、薬剤師の地位向上のため尽力した。また後に三代目社長となる上原正吉の素質を見抜き育て上げた。

1901年(13歳の時)に上京し、
宮内省侍医の岡家に書生として住み込みながら、1904年、明治薬科大学の前身である神田薬学校夜間学部(1906年明治薬学校に改称)に入学し、薬学を学ぶ。

仕事一徹で、昼夜を問わず駆けずり回っていた石井は、多数の委員会の委員や委員長を歴任すると共に、大正製薬以外の事業を数多く手がけた。1940年には皇紀2600年を記念して、国際政治学者で東京帝国大学法学部教授の神川彦松らと
皇道文化研究所を設立した。

1943年4月に東京商工会議所満鮮北支経済使節団長として渡支し、帰国後チフスを発病、同年5月9日永眠。享年55歳。5月13日に警報下、音羽の神齢山悉地院護国寺において告別式が営まれ、同墓地に埋葬された。葬儀委員長はのちに外務大臣となる
藤山愛一郎が務めた。

埼玉県北葛飾郡杉戸町といえば--
(株)MCJ
埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸1−14−11(2011年6月まで)

大正製薬といえば--
養命酒製造
・中央研究所→長野県上伊那郡箕輪町中箕輪2132-37
--箕輪町といえば→キョウデン→長野県上伊那郡箕輪町大字三日町482-1
・駒ヶ根工場→長野県駒ヶ根市赤穂16410

ビオフェルミン製薬
SFCGの持ち株→大正製薬

【参考記事】
アロシステムとアイ・シー・エフ

【つぶやき】
養命酒製造の渋谷本社の位置→道玄坂ブロック至近。
興味深い会社が近所に色々あります。
ブルドックソース、養命酒製造、三菱鉛筆、カルピスetcの株式持合の謎……。

|

2011年9月 3日

イオンクレジットサービス ver1.1

イオンクレジットサービス(株)

本社 千代田区神田美土代町1番地 住友商事美土代ビル
名古屋支店 名古屋市中区錦1-13-26 名古屋伏見スクエア
札幌支店 札幌市中央区北3条西3-1 札幌北三条ビルディング
秋田支店 秋田市大町3-4-1 マニュライフプレイス秋田

■住友商事美土代ビル
1-7F:日本原子力発電(株)

■札幌北三条ビルディング
9F:日本ERI(株)札幌支店

■マニュライフプレイス秋田
6F:(一財)日本不動産研究所 秋田支所
3F:エフ・エス(株)秋田営業所

|

湯島聖堂斯文会館 ver1.1

湯島聖堂斯文会館

湯島聖堂略史より

1975年--中華民国台北ライオンズグラプより世界一巨大な孔子像が贈られ、11月3日構内で除幕式を行なった。
1989年--基金により、附属講堂(斯文会館)及び神農廟の改修を行った。
1993年--昭和・平成文化庁大成殿保存修理工事竣工並びに聖堂創建二百年記念事業完成、3月記念式典挙行。6月28日湯島聖堂・斯文会後援会設立、初代会長に羽倉信也元第一勧業銀行頭取が就任。

大きな地図で見る

德川恒孝(徳川恒孝・とくがわ つねなり)氏
昭和15年東京生まれ。徳川宗家第18代当主。
学習院大学卒、日本郵船副社長を経て現在 顧問。
平成15年財団法人 徳川記念財団を設立、理事長に就任。
横浜港振興協会会長、 WWF世界自然保護基金ジャパン常任理事、東京慈恵会会長、斯文会会長 他。
著書に「江戸の遺伝子」(PHP)。

|

日本インフォメーションシステムとアポロ・インベストメント

RFIDを注力調査中。またメモ記事。
先ずは次の特許--

出願番号 :    特許出願2009-133335
出願日    :    2009年6月2日
公開番号 :    特許公開2010-283031
公開日    :    2010年12月16日
出願人    :    株式会社日本インフォメーションシステム 外2名
発明者    :    木 村 健 次 外2名
発明の名称: 多層プリント配線板の製造方法および多層プリント配線板

要約:配線パターンのデザイン変更を要することなく、また信頼性よくRFID通信を行う。

【識別番号】    595162563
【氏名又は名称】    株式会社日本インフォメーションシステム
【住所又は居所】    東京都港区浜松町2丁目1番地16号
【出願人】   
【識別番号】    591017353
【氏名又は名称】    株式会社キョウデン
【住所又は居所】    長野県上伊那郡箕輪町大字三日町482番地1
【出願人】   
【識別番号】    597024681
【氏名又は名称】    第一実業株式会社
【住所又は居所】    東京都千代田区二番町11-19

上記、日本インフォメーションシステムはRFID専門総合企業ですが、次のIRがあります。
株式会社日本インフォメーションシステムの株式取得に関するお知らせ(pdf)

第三者割当増資引払込期日:2005年11月29日
株式取得先:(株)アポロ・インベストメント(代表取締役社長:畑伊三己)
取得株式数: 4,000 株(所有割合17.56%予定)

【メモ】
更正株式会社マイカル岡田元也管財人)が
(株)エルメ(大阪市中央区瓦町1−6−10)を(株)イビサ(赤星祐二代表取締役)に株式譲渡
決済日:2002年5月22日

2002年5月23日付で赤星祐二氏は(株)エルメ取締役に就任。

|

アールエフマイコン ver1.3

出願番号 特許出願2002-349077
出願日 2002年10月28日
公開番号 特許公開2004-152241
公開日 2004年5月27日
出願人 加藤友康
発明者 加藤友康
住所又は居所 埼玉県川口市本町3丁目2番7―306号 ※ご近所シリーズ43参照
発明の名称 アールエフマイコン

要約:
異なる無線通信システムやマイコン間でデータや命令やり取りする場合、複雑なシステム変更やプロトコルの追加なしで瞬時行う。
小型無線回路インタフェース3を内蔵した1チップマイコンLSIチップA-A‘間でデータ、命令、プロトコル転送機能を行い、異なる無線通信システム間を有線・無線を介しグローバルに接続する。

■考察
アールエフ・レボリューション(株)のRF技術スペシャリストによる出願。
UHF帯電子タグシステム導入に向けた事前評価方法の検討(経産省 pdf)参照。
アールエフ・レボリューション(株)の実施したICタグ調査検討期間の随分と前になります。
ICタグ調査検討期間→2006年9月26日より2007年3月2日
ちなみにアール・エフレボリューションの設立、解散は--
2003年6月26日--設立(東京都千代田区外神田3−13-2 リナックスビル)
2007年4月17日--株主総会の決議により解散
調査が終わったら、すぐ解散しています。
しかし、その後すぐ--
2007年6月1日--EXSAC(株)(東京都千代田区九段南4-6-9を設立しています。
※アールエフ・レボリューションの所在地ビルと同じで、九段北のハーデス・グループ拠点の靖国通りを挟んだ向かい側のビル。
詳細は、関連記事参照。

■関連記事

通産官僚とRFID〜その1参照
通産官僚とRFID〜その2参照
通産官僚とRFID〜その3参照

|

2011年9月 2日

志士経営者倶楽部 ver3.0

(一社)志士経営者倶楽部
2011年12月5日-設立
東京都千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル

■役員抜粋

顧問 中條高徳 アサヒビール(株)名誉顧問
同台経済懇話会 副代表幹事
(公財)国家基本問題研究所 理事→平河町宮川ビル
(公財)日本国防協会 顧問
(公財)国策研究会 理事
(一財)福島育英会 理事
(一財)親学推進協会 顧問
(一社)日本国際文化協会 理事
(一社)新しい歴史教科書をつくる会 顧問→トップ江戸川橋No.1
(一社)春風の会 顧問→パレロワイヤル永田町
(一社)平河総合戦略研究所 相談役
(一社)全国経営者団体連合会 スペシャルアドバイザー
(NPO)環境資源開発研究所 理事長
(株)大庄 監査役
(株)五月工建 名誉顧問
(株)企業家ネットワーク 顧問
日本戦略研究フォーラム 会長・理事長
日本会議 代表委員
英霊にこたえる会 会長
ベトナム経済研究所 理事→霞が関ビルディング
ミャンマー経済・投資センター 顧問→共同通信会館
日本協会 最高顧問→パレロワイヤル永田町
創風会(宮下一郎議員)代表者→塩崎ビル

※2014年12月24日-ご逝去
名誉理事 加瀬英明 外交評論家
(有)加瀬英明事務所→北野アームス
(公財)日本国防協会 顧問
(公財)石橋財団 評議員
(一財)国づくり人づくり財団 賛同特別顧問
(公社)日本イスラエル親善協会 代表理事副会長
(一社)日本国際文化協会 理事
(一社)新しい歴史教科書をつくる会 顧問→トップ江戸川橋No.1
(一社)日本よい国構想研究会 参与
(社)日本文化協会 会長
(NPO)日本パラオ協会 特別顧問
(株)いかしあい隊 名誉会長
日本会議 監事
日本戦略研究フォーラム 評議員
日本サンマリノ友好協会 会長
聖マウリツィオ・ラザロ騎士団・日本騎士団長
映画『プライド・運命のとき瞬間』製作委員会代表
映画『ムルデカ 17805』製作委員会代表
加瀬俊一の息子
会長 井本一夫 (株)フォーブス 会長
副会長 久保田司 安全輸送(株) 代表取締役社長
理事長 柳瀬公孝
栁瀨健一
柳瀬健一
共生バンクグループ 代表取締役会長兼社長
都市綜研インベストバンク(株)会長兼社長→相互半蔵門ビル
(NPO)緑の街ミュージックフレンズ理事
(NPO)地球共生機構 理事→DIK麹町ビル
元(株)日本エル・シー・エー 代表取締役 ※L'ALBAホールディングス参照
専務理事 佐々木俊夫 軍事評論家
西村眞悟議員 元政策秘書
常務理事 竹田恒泰 竹田研究財団 代表
理事 矢野弾 矢野経済研究所 特別顧問
月刊カレント 代表
監事 稲見友之 弁護士(敬天総合法律事務所)→第2押田ビル
元弁護士(平河総合法律事務所)→DIK麹町ビル
(一社)日本国際文化協会 理事
(NPO)緑の街ミュージックフレンズ 常務理事
ご近所シリーズ19参照

■共生バンクグループ

共生バンク(株) 千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル
みんなで大家さん(株) 千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル
(株)アルムス 千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル
都市綜研インベストメントバンク(株) 千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル
INDEPENDENCE KINGDOM(株) 千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル
インディペンデンス投資顧問(株) 千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル
TSIB投資事業(株) 千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル
みんなで大家さん販売(株) 千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル
都市綜研インベストメントファンド(株) 大阪市中央区北浜1-1-30 リバービュー北浜

加瀬英明〜wiki

東京生まれ。父は外交官の加瀬俊一、母・寿満子は元日本興業銀行総裁小野英二郎の娘である。また従兄妹にはジョン・レノンの妻オノ・ヨーコがいる。

ムルデカ17805』 - 2001年に公開されたインドネシア独立戦争に参加した日本兵を描いた藤由紀夫監督、山田純大主演の日本の戦争映画。監修担当のムルデカ17805』製作委員会代表

『ムルデカ17805』東日本ハウス(株)〜wiki
創業者・中村功が経営者向け政治学習会「漁火会」を組織。かつては右派政党「青年自由党」を組織し、映画「プライド・運命の瞬間」「ムルデカ17805」などに出資するなど、手広く政治活動を行っていた。

東日本ハウス(株)と宝くじ
宝くじ神社(株)の(株)タウンドリームへの譲渡IR(pdf)
宝くじ神社(株)は文字どおり、宝くじの販売会社で岩手県が所在地です。
中村功氏もかつて代表取締役でした。

東日本ハウス(株)役員抜粋

小杉道夫監査役 第一勧業銀行赤羽支店長
第一勧業銀行三鷹支店長
第一勧業銀行千葉支店長
(株)テクノ菱和専務取締役
(株)中部商事監査役
ハーデス・グループ宝くじ販売会社
石水親和監査役 ユーシーカードと宝くじ人脈参照

2名とも宝くじ関係人脈です。

東日本ハウス(株)とキョウデン
東日本ハウスの元関連会社(旧所在地は東日本ハウスと同じ東日本飯田橋ビル)
大江戸温泉物語(株)--wikiより
経営は橋本ひろしであるが、キョウデンとの資本関係は一切ない。

キョウデンといえば
白山とシグマ・ゲイン
福田組→キョウデンエリアネット→福田組といえば小沢一郎元自治大臣

■都市綜研インベストバンク
日本エル・シー・エー方面はこっちです。
日新建物と管理物件コネクション ※上野ビル参照

|

2011年9月 1日

理研ビタミンとSFCG

遅ればせながら「凋落木村剛と大島健伸/高橋篤史著」東洋経済新報社を読んでおります。
そこで、SFCGが買い漁った会社の中から、理研ビタミンを考察してみます。

理研ビタミン(株)ー東京都千代田区三崎町二丁目9番18号

■ポイント1−所在地
白山通り沿い、東京ドーム近く

大きな地図で見る

■ポイント2--沿革
1999年12月ードイツ・デュッセルドルフに駐在員事務所を開設
2001年6月--理研食品(株)が、中国大連市に子会社大連西山理研食品有限公司を設立
2003年12月ードイツ・デュッセルドルフにRIKEN VITAMIN EUROPE GmbHを設立

RIKEN VITAMIN EUROPE GmbH
Kreuzstrasse 34, 40210 Duesseldorf

■ポイント3--株主
・伊藤忠商事(株)
・(株)みずほ銀行

SFCGの後はキッコーマンが筆頭株主に。
キッコーマンといえば、茂木家。

■ポイント4--役員
同じ役員でも年度によって経歴欄の内容に若干の違いがあります。
2009年の有価証券報告書より。

堀井滋取締役(経営企画部長)
・1997年4月ー第一勧業銀行国際企画部アジア・中国室長
・1998年10月ー同行山手支店長
・2001年1月ー同行日比谷支店長
・2003年4月ーみずほ銀行業務監査部参事役

佐藤和弘常勤監査役
・2005年5月ーみずほ銀行飯田橋支店長
・2007年4月ーみずほコーポレート銀行金融法人第一部長
・2009年4月ー同行ヒューマンリソースマネジメント部審議役

2007年の有価証券報告書より。
佐藤元宣代表取締役副社長(管理部門担当)
・1996年2月ー第一勧業銀行本店審議役
有報外の経歴
・1987年12月ー第一勧業銀行溝ノ口支店長

■ポイント5−保有有価証券
・キッコーマン(株)
・(株)ADEKA
・長瀬産業(株)

上記3社のドイツ法人
Kikkoman Trading Europe GmbH (現JFC International (Europe) GmbH)
Theodorstraße 293 40472 Dusseldorf

Adeka Europe GmbH
Berliner Allee 48 40212 Dusseldorf 

Nagase(Europa) GmbH
Immermannstrasse 65c 40210 Dusseldorf

【参考記事】
第一勧銀デュッセルドルフ支店
アロシステムとアイ・シー・エフ ※キョウデン、日本写真印刷、ドイツ法人

|

【911】911と富士銀行 ver9.9e

この記事は新しい「日本プロファイル研究所」に移動しました。
リンク先は次のとおりです。

911と富士銀行【事件検証】

|

世界貿易センタービルディング ver1.5

世界貿易センタービルディング
東京都港区浜松町2-4-1

世界貿易センタービルディング(TOKYOカオスエリアコレクション2/TCC2)

38F WTCコンファレンスセンター
37F フーリハン・ローキー(株) オリックス(株)グループ投資銀行業務
35F オリックスグループ 大会議室
33F (一社)世界貿易センター東京
32F 店舗流通ネット(株) 本社
■大阪支店:大阪駅前第3ビル 11F
32F 三菱スペース・ソフトウエア(株) 本社
31F (公社)日本診療放射線技師会
31F 21世紀の医療・介護・福祉を支える会 政治団体
代表者:中澤靖夫
26F 日本プロセス(株)
26F (株)創通 2012年7月-転入
■登記本店:田創館
25F 富士通(株) 世界貿易センタービルオフィス
23F (株)コシダカホールディングス 東京本社
23F (株)ダイオーズ 白山とダイオーズ
23F (株)カバーオールジャパン ※ダイオーズ関連会社
※ダイキチレントオール(株)グループ会社
※ダイキチレントオール(株)→アルテッセ(株)グループ会社
21F ブリッジ税理士法人 代表社員:小川雅義
21F ブリッジ共同公認会計士事務所 代表:小須田建三エレファントデザイン(株)代表取締役
21F (株)ブリッジ総合会計事務所 代表取締役:小川雅義
16F オリックス(株) 登記上の本店所在地
16F オリックス債権回収(株) 登記上の本店所在地
16F オリックス・インベストメント(株)
16F オリックス・アセットマネジメント(株)
16F オリックス日本地所(株) ランディック永井ビルの不動産管理業務
ラウンドクロス築地
12F (株)グローバル経営研究所 代表取締役:田村達也
12F (NPO)日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク 代表理事:田村達也
日本銀行 理事
A.T.カーニー(株)代表取締役会長
スルガ銀行(株)社外取締役
11F KYB(株) 本社 ※カヤバ工業(株)
6F (一社)日本取締役協会
会長:宮内義彦パシフィックフォーラムCSIS 理事
6F (一社)日本貿易会
5F 京都監査法人 東京オフィス
■京都オフィス:京都三井ビルディング
5F 東京商工会議所 港支部
4F (株)世界貿易センタービルディング
4F (株)みずほ銀行 浜松町支店
3F WTCコンファレンスセンター
1-2F (株)みずほ銀行 浜松町支店
1-2F (株)三井住友銀行 浜松町支店
センチュリー・リーシング・システム(株)
→東京センチュリーリース(株)
東京リース(株)とセンチュリー・リーシング・システム(株)が合併

■東京リース(株)旧所在地:新六本木ビル

(株)世界貿易センタービルディング
東京都港区浜松町2-4-1

■株主

(株)日立製作所 東京都千代田区丸の一丁目6番6号
東京電力(株) 東京都千代田区幸町一丁目1番3号
(株)みずほ銀行 東京都千代田区幸町一丁目1番5号
新日本製鐵(株) 東京都千代田区丸の二丁目6番1号
東京瓦斯(株) 東京都港区海岸一丁目5番20号
三菱重工業(株) 東京都港区港南二丁目16番5号
三菱電機(株) 東京都千代田区丸の二丁目7番3号
鹿島建設(株) 東京都港区元赤坂一丁目3番1号
(株)三菱東京UFJ銀行 東京都千代田区丸の二丁目7番1号
JFEスチール(株) 東京都千代田区幸町二丁目2番3号
(株)三井住友銀行 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号

■役員抜粋

専務取締役 相沢収 日本政策投資銀行産業・技術部長
常務取締役 椎名俊晶 鹿島建設(株)東京支店営業部長
同社東京建築支店次長
取締役
経理部長
深谷義紀 日本政策投資銀行経理部長
同行審査部長
株式会社日本政策投資銀行審査部長
同行執行役員(内部監査担当)
取締役 相川賢太郎 三菱重工業(株)取締役会長
同社相談役(現任)
取締役 朝香聖一 日本精工(株)取締役会長(現任)
取締役 市野紀生 東京瓦斯(株)取締役会長
同社相談役(現任)
取締役 岡村正 (株)東芝取締役会長
同社相談役(現任)
日本商工会議所会頭
取締役 田村滋美 東京電力(株)取締役会長
同社顧問(現任)
取締役 山本博巳 (株)日立物流代表取締役社長
同社名誉相談役(現任)
監査役 熊谷一雄 (株)日立製作所代表取締役副社長
同社特命顧問
同社名誉顧問(現任)
監査役 岡部義裕 東京商工会議所理事・事務局長
同会議所常務理事(現任)

■考察
世界貿易センタービルディングの株主住所は絡み住所が多いです。
役員はご覧のとおり、株主系企業の現任相談役、顧問といったトップと日本政策銀行出身者、日本商工会議所、東京商工会議所役員で構成されています。
オリックスにおいて、グループの中でこのビルに置いている関連会社の業種と、登記本店となっている事実が非常に興味深いところです。

■つぶやき
世界貿易センターを英語にすると、ワールドトレードセンター

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »