« みずほ人事抜粋 | トップページ | ラックホールディングス人事 »

2011年5月24日

トリックスター〜「村上ファンド」4444億円の闇 ver1.1

昭栄と新日本無線への敵対的TOBの調査で読み始めたのですが、それよりも興味深いものを発見。

カネボウ前社長の小城武彦は同じく旧通産省の勉強会「ビジョンクエスト」のメンバーだった。(P67)

東大法学部、村上と同期で旧通産省に入省した者の中には持永哲志がいる。(P67)

「(ソフトバンク出身でジャックの役員の)平山達大に呼ばれて、渡邉に初めて会ったのは1999年8月だった。通産省で映画を担当していたころに平山はギャガ・コミュニケーションズにいたので、そのときに知り合った。(P166)
※渡邉=渡邉登社長、ジャック=現カーチス冨田圭潤社長→福井県立藤島高等学校出身

【考察】
通産省官僚ルート、ベンチャー企業家ルート、経済同友会ルートの情報など色んな情報を知ってそうな村上氏ですが、ファンドに投資していた福井・元日銀総裁富士通総研に一時期いたこともポイントではないか、と感じます。

wikiより、福井俊彦氏の経歴抜粋
1994年 日本銀行副総裁
1998年 同副総裁退任後、富士通総研理事長
2001年 経済同友会副代表幹事
2002年6月 キッコーマン株式会社取締役
2003年 日本銀行総裁

|

« みずほ人事抜粋 | トップページ | ラックホールディングス人事 »

読んだ本から」カテゴリの記事