« ラックホールディングス人事 | トップページ | 第一勧業信用組合東銀座支店ビル ver1.2 »

2011年5月24日

徳島政治容疑者:特別背任容疑

特別背任容疑で不動産会社元役員を逮捕 東京地検
2011/5/24 13:24 日本経済新聞

 自社が所有する賃貸ビルなどの売却を巡り、仲介した知人の会社に転売益を振り込ませ会社に5千万円の損害を与えたとして、東京地検特捜部は24日、不動産ファンド会社「セレアセットアドバイザーズ」(東京・港)の元役員、徳島政治容疑者(47)=東京都品川区=を会社法違反(特別背任)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は2008年11月ごろ、セレアセット社所有の東京・赤坂の賃貸ビルと土地を都内の不動産管理会社に5億1千万円で販売する際、仲介した知人の会社に4億5千万円でいったん売却。この会社が改めて不動産管理会社に転売し、差額のうち、セレアセット社に手数料を除く5千万円の損害を与えた疑い。

特捜部、初の全過程可視化で調整 特別背任事件取り調べ
2011/5/24 14:18 共同通信

 会社所有の土地の売買をめぐり、知人を介した売却で会社に5千万円の損害を与えたとして、東京地検特捜部は24日、会社法の特別背任の疑いで、不動産投資会社元役員の徳島政治容疑者(47)を逮捕した。

 検察関係者によると、特捜部は徳島容疑者について、取り調べ全過程の録音・録画を実施する方向で調整を進めている。
全過程の可視化が実施されれば初めて

 可視化をめぐっては、法相の私的諮問機関「検察の在り方検討会議」が範囲拡大を提言し、江田五月法相の指示を受けた
笠間治雄検事総長が一部事件での全過程試行を表明していた。

|

« ラックホールディングス人事 | トップページ | 第一勧業信用組合東銀座支店ビル ver1.2 »

ニュース抜粋」カテゴリの記事