« 宝くじの闇〜プロローグ | トップページ | ハーデス・グループ ver2.8 »

2011/03/15

第一勧銀利益供与事件における関係者 ver1.2

1997年5月に発覚した第一勧銀利益供与事件について。
逮捕者と判決結果については、次のとおりです。

※肩書は最終肩書

肩書 逮捕者 懲役 執行猶予 特記事項
会長 奥田正司 9月 5年
副頭取 金沢彰 8月 4年 1993年度ネットワーク企画部担当取締役
事件後、(株)共同債権買取機構 代表取締役
副頭取 内田恒雄 8月 4年 1993-1994年度ネットワーク企画部担当取締役
副頭取 藤田一郎 8月 3年 1995-1996年度ネットワーク企画部担当取締役
専務 田中賢二 8月 3年 1993-1994年度宝くじ部担当取締役
専務 福島建夫 8月 3年 1995年度ネットワーク企画部担当取締役
事件後、勧銀系宝くじ関連会社(ハーデス・グループ役員
ハーデス・グループと第一勧銀総会屋事件逮捕者名人物の履歴参照
常務 寺沢康行 8月 3年 1994年度ネットワーク企画部担当取締役
常務 猪爪博 6月 3年 1995年度宝くじ部担当取締役
取締役
総務部長
渋谷龍夫 6月 3年 事件後、勧銀系宝くじ関連会社(ハーデス・グループ役員
ハーデス・グループと第一勧銀総会屋事件逮捕者名人物の履歴参照
営業第七部長 草島道能 6月 2年 事件後、
(株)サンレジャー(小野グループ・壽工業(株)子会社) 代表取締役社長
勧銀系宝くじ関連会社(ハーデス・グループ役員
ハーデス・グループと第一勧銀総会屋事件逮捕者名人物の履歴参照
総務部副部長 真鍋卓史
眞鍋卓史
6月 2年 事件後、栄養食(株)代表取締役社長

総会屋小池隆一による利益供与事件の顛末については書籍で見ていただくこととして、逮捕者と人脈についてここでは扱っていきます。
※特記事項の根拠については、「経営の健全化のための計画」(金融庁に第一勧銀が提出した正式資料)の16Pを参照してください。
赤文字の人物が、勧銀系の宝くじ販売会社、通称ハーデス・グループの役員として名前が確認できる人物です。
また、逮捕以前の年度で宝くじ部担当役員だった方も2名見受けられます。
※上記金融庁リンク資料より以前の年度についての担当は不明です。
逮捕時以前に既に宝くじ部担当だった役員が二人もいるのは、特筆点ではないでしょうか?
マスコミはこの事実を一切報道していないはずです。
また、ネットワーク企画部担当取締役がこうも綺麗に揃っているのは、会社が意図的に人員配置をしていた可能性も想像できます。
ちなみに小池隆一に対して第一勧銀の不正融資が始まったのは、1985年3月頃と関係書籍に書いてあったのを記憶しています。
発覚して特捜部が動いたのが1997年にすぎないということです。

■その他、利益供与事件の参考サイト(外部リンク)

|

« 宝くじの闇〜プロローグ | トップページ | ハーデス・グループ ver2.8 »