« ハーデス・グループ ver5.0 | トップページ | 日宝販 ver1.5 »

2011年3月16日

利益供与事件関係者名がハーデス・グループに見受けられる件 ver1.6

第一勧銀利益供与事件逮捕者名
と日宝販およびハーデス・グループで同じ姓名の人物が確認できる会社の一覧をここに掲載します。

■関連記事

第一勧銀利益供与事件における関係者
ハーデス・グループと第一勧銀総会屋事件逮捕者名人物の履歴

役員の就任状況一覧表

会社名
※リンクは登記簿pdf
法人番号 取締役名 在任期間
(株)クロノス→勧翔(株)
旧・(株)日宝販
現・ケイ・エス・オー(株)
千代田区
0100-01
-025764
福島建夫 代表取締役:2002年6月28日-2006年6月30日
同上 同上 渋谷龍夫 代表取締役2003年6月30日-2004年6月28日
(株)クロノス
勧翔(株)より会社分割
東京都港区
0199-01
-085424
福島建夫 代表取締役:2003年11月4日-2006年6月30日
同上 同上 渋谷龍夫 代表取締役:2003年11月4日-2010年6月25日
同上 同上 草島道能 代表取締役:2012年6月29日-2013年6月28日
取締役:2006年6月30日-2013年6月28日
日本ハーデス(株) 東京都港区
0104-01
-039517
福島建夫 取締役:2002年6月28日-2005年6月29日
(株)タカラパック
旧(株)日宝業務センター
東京都港区
0104-01
-021818
草島道能 取締役:2006年6月30日-2010年6月25日
(株)ソシエテアクセプタンス 東京都港区
0104-01
-053469
草島道能 代表取締役:2006年6月30日-2009年6月26日
取締役:2006年6月30日-2012年6月29日
(株)明都物産 東京都港区
0104-01
-052111
草島道能 取締役:2006年6月30日-2009年6月26日
(株)ECO−LED 東京都港区
0104-01
-055877
草島道能 代表取締役:2005年6月29日-2006年6月30日
※(株)明都物産に合併解散
(株)宝くじネット 東京都港区
0104-01
-058421
草島道能 取締役:2006年6月30日-2007年3月16日
(株)HIT 東京都港区
0104-01
-050008
草島道能 取締役:2006年6月30日-2007年3月16日
(株)研修企画 東京都港区
0104-01
-046123
草島道能 取締役:2006年6月30日-2007年3月16日
(株)タウンドリーム 東京都港区
0104-01
-052110
草島道能 取締役:2006年6月30日-2007年3月16日

※業態は宝くじ販売業務でない会社もありますが、
所在地が宝くじ関係の会社と同一であること、
役員の顔ぶれが同じであること、
を考慮すると、密接に関係した会社と判断できると思います。

みずほ銀に集まる権限、知られざる宝くじの裏側
2016年5月2日-週刊ダイヤモンド

知られざる宝くじの裏側 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS

Part3-業界のドン「日本ハーデス」監視不能の統治体制の脆さ より

登記簿を見渡すと、1997年の総会屋事件で有罪判決を受けた人たちと、経営陣の総退陣を訴えた中堅「四人組」のうち数人が、わずか3年前まで同じグループ内に役員として混在していた実態が見えてくる。

夢を売る商売の、この怪しさをマスコミがこれまで一切報じなかった不可解。

■考察
2006年6月30日が一つの区切れのようで、草島氏は1年間ECO−LEDの代表取締役を務めた後に一気にハーデス・グループ各社の取締役、代表取締役に就任しています。
小野グループ傘下の(株)サンレジャー(東京都中央区)の代表取締役退任時期と連続しています。
草島道能氏のサンレジャー代表取締役社長退任→2005年6月28日
サンレジャーと第一勧銀人脈

宝くじ販売再委託の責任はどこにあるのか?

当せん金付証票法第六条第7項の規定に基づく再委託承認基準
1 売りさばき及び当せん金品支払交付事務
(1)事業者は、社会的、経済的信用があり、経営者としての資質に問題がある者でないこと

|

« ハーデス・グループ ver5.0 | トップページ | 日宝販 ver1.5 »

宝くじの闇」カテゴリの記事