世界紅卍字会

2017年2月24日 (金)

【世界紅卍字会】安岡正篤コネクション

日本の革命思想(陽明学)、神国日本及び紅卍字会(老荘思想)が合流する戦前戦後の東洋思想指導者、安岡正篤氏(るいネット)

戦後、歴代首相の指南役といわれている、陽明学者の安岡正篤(やすおかまさひろ)氏が存在する。
この安岡氏は、陽明学、神国日本(勤皇思想)と
紅卍字会(老荘思想)が合流する地点に存在する。
……
一方、中華民国の時代になって、中国で一つの思想運動が登場する。
道院紅卍字会である。
道院を設立するきっかけは、山東省の役所にある仙人を祭る祠で、フーチという神託法により神霊の降臨と訓示を仰ぎ、世界の最高神以下三人の神(仙人)が降り、神託を啓示したことによる。

世界紅卍字会(せかいこうまんじかい)は、1922年(大正11年)に中華民国の道院という宗教組織の慈善博愛の善行を行う事業執行の付属施設の一つとして組織された。道教系の修養団体及び慈善団体。戦前の中華民国では赤十字社に準ずる組織として活動した。
そして、日本の
道院紅卍字会は、大本教の出口王仁三郎が中心となり設立され、林出賢次郎(満州国書記官)、呉清源(昭和の碁聖)、笹川良一、植芝盛平(合気道の創設者)、安岡正篤(陽明学者)が入会している。因みに、安岡氏の道名は誠恪である。

致知出版社(2014年4月2日 (水) 02:41 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

「“人間学”を追究する」という出版社。実業家で地産株式会社社長・竹井博友が1973年(昭和48年)に設立した 「大自然出版」が始まりである。その後、「竹井出版」への改称を経て、1992年(平成4年)に現社名に改められた。
……
沿革
……
1986年(昭和61年) 
『人物を修める』(安岡正篤著)を刊行、ベストセラーになる
1989年(平成元年) 『修身教授録』(森信三著)を刊行
1992年(平成4年) 株式会社致知出版社に改称
2006年(平成18年) 『何のために生きるのか』(五木寛之&
稲盛和夫共著)が15万部を超すベストセラーになる。『安岡正篤一日一言』がベストセラーになる
2007年(平成19年) 『何のために働くのか』(
北尾吉孝著)が発売一週間で5万部突破。現在10万部を超えるベストセラーとなる

安岡正篤ノート( 北尾吉孝著)-致知出版社(2009/12/28)

安岡正篤ノート

四方修(2016年9月19日 (月) 10:20  UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

四方修(しかた おさむ、1930年9月24日 - )は、1984年3月の江崎グリコ社長誘拐事件に端を発する、グリコ・森永事件で捜査の指揮を当たった当時の大阪府警本部長。
……
グリコ・森永事件後、総合ビルメンテナンス会社のジャパンメンテナンスの社長を務め、その後同社の親会社で経営再建中の
大手スーパーのマイカルの社長に就任し、本格的な経営再建にとりかかり、一時は「浪速のカルロス・ゴーン」といわれた時期があった。現在、一富士債権回収社長。

大本の亀岡市出身で、大本の綾部市(日本の世界連邦運動の中心都市)に多い四方姓。
マイカルは生長の家(教祖が大本入信者)に繋がる。

四方修四方事業ファンド→監査役:美並昌雄山喜(株)監査役

山喜(株)→代表取締役社長:宮本惠史ご近所シリーズ32北尾吉孝

■考察
竹井博友→地産の後継会社→Oakキャピタル(株) →住友不動産赤坂ビル日本ERI(株) →赤坂DSビル

赤坂DSビル→(一社)地方公務員共済組合協議会→松本英昭→綾部市出身

赤坂DSビル日本財団ビルからの宝くじコネクション

(公財)日本財団笹川良一→世界紅卍字会


首相「全く木鶏たり得ず」 やじへの反応を反省
2015年2月23日-産経ニュース

木鶏(日本語版ウィキペディア)

名横綱双葉山と木鶏の逸話
安岡正篤「一日一言」致知出版社-安岡正篤先生のページ


Csis01_2

|

2017年1月28日 (土)

【世界紅卍字会】白山と日本紅卍字会 ver1.2

1)ワールドメイトと白山

植松愛子(旧橘カオル)と白山菊理姫神(ワールドメイトの資料(ワールドメイトの実態))

ワールドメイトの教祖深見東州(本名半田晴久)氏によると、昭和47年2月27日に、開祖植松愛子氏のもとにスの神様が降臨.。植松愛子氏は神功皇后の再来であり、35万年前の国常立大神の母神、白山菊理姫の肉体を持った再来であると言っている。
深見東州氏の平成7年(1995年)3月1日の陳述書によると、
植松愛子氏と深見氏は、昭和52年(1977年)1月5日に
道院紅卍会で初めて出会ったと述べている。

ワールドメイトの開祖様が白山菊理姫の再来なんですね。

ワールドメイトの深見東州半田晴久パシフィックフォーラムCSIS 理事)代表は、音楽でも白山を題材に。

天雅の旋律10 白山に登れば雨もまた楽しき 白山に登れば雨もまた楽しき
深見東州

Photo


2)日本紅卍字会と白山

日本紅卍字会

黒川謙介会長(代表理事)のご住所が白山ご近所シリーズ78

しかも、第一勧銀宝くじ会社役員のメッカのまっただ中。

この地区のデベロッパーは日本土地建物で、宝くじ販売会社日本ハーデス(株)の株主。

本社のある日土地ビルには、道慈キャピタル(株)という道院由来の名前の会社もあります。


■道慈(道院+紅卍字会)と日土地ビル

道院+紅卍字会→道慈

世界紅卍字会 埼玉道院

埼玉道院は平成2年(1990年)2月11 日、多摩道院大宮分所として成立しました。かつて、多摩道院では扶乩で「霊光合化」の扁額を賜り (扁額は各道院の天命と役割を示すとされている)笹目秀和老師(統掌)のもと、誦経弭化を発願し毎日、『太乙北極真経』を奉誦していました。その頃、道院 のことを学ぶ場として、秀和老師に申し出をして「道慈研究会」を発足しこれを主催しながら古い訓文や文献資料などを学んでいました。

道慈キャピタル(株)→日土地ビル

そして、こっちの人脈へ……。

【巨額損失の怪】オリンパス1000億円の損失計上(ichigen-sanのブログ)

マイカル証券化は、「決算操作の錬金術師」といわれた山下幸三マイカル経理部長と組んだクレディ・スイス・ファイナンシャル・プロダクツ(CSFP)が進めた。野村大阪の事業法人出身の高田裕之小瀬良一、野村アメリカ出身の出口俊司の3人が担当だった。しかし“飛ばし”請け負いでCSFPは金融監督庁(現金融庁)から銀行免許停止処分を受け、彼らはアルティマ・ラボラトリーという会社をパリバ社内に作って証券化を続行。

Olympus

※AMRAR=エイエムリサーチアンドリポー卜(株)

☆(公社)日本紅卍字会

監事 大竹浩 エイエムリサーチアンドリポー卜(株)監査役(2003.6-2004.6)
ヴィンテージ(株)監査役(2009.1設立-)

■ヴィンテージ(株)
代表取締役:横尾宣政:(株)グローバル・カンパニー 代表取締役

エンデバー・パートナーズ(株)
東京都千代田区丸の内2-2-2
→東京都千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビルディング新館

ホームページに安岡正篤の言葉を書いてるので、道慈はそっち系(wikipedia)でOKでしょう。

代表取締役 髙山清行 道慈キャピタル(株)代表取締役→日土地ビル
取締役
-2013.2
小瀬良一 (株)アルティマ・キャピタル・マネージメント 取締役(-2001.3)
(株)アルティマ・ラボラトリー 取締役(-2001.3)

出口姓といえば有名なのは、大本(wikipedia)の教祖様一族ですが、関係やいかに?


日土地ビルにGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)があるのが、ハココネの特大ポイントです。

■考察

白山といえば森元首相

「原点に返る」(1月1日) ※リンク切れ?
2009年1月1日 森喜朗ブログ

一年の計は元旦にあり。今年は「原点に返る」ことを誓いました。
その決意の一端として、1月1日午前零時から、郷里の石川県白山市の
白山比咩神社で初祈祷を受けてきました。白山さんへの元日参拝は、昭和44年の初当選 から官房副長官になる前まで、ずっと続けていたこと。これぞ原点に返る年のスタートにふさわしいと思い、家族や支援者の皆さんと一緒にお参りしました。
……
午前5時からは、小松市内で
実践倫理宏正会の元朝式に出席。例年は東京・九段で行われる元朝式に出ていましたが、今年は「初心に返るので、正月は石川県に 戻りますから」と上廣榮治会長さんにお断りして。「そこまでしなきゃ、いけないのか?」と驚かれましたが、「そうです」と。それで会長さんのお薦めで、小 松会場にお邪魔し、年頭のご挨拶をさせていただきました。


Mori <日本は神の国

【政治団体】春風会【森喜朗】→小野グループが献金

■小野グループ人脈と第一勧銀宝くじ会社役員が同居する企業
ニツセキハウス工業
サンレジャー

小野グループの東京拠点だったビルは、日土地グループのハココネ。

Hakokone

高輪小野ビル

日土地京橋ビル

小野グループの献金先には亀井静香議員も→【政治団体】亀井静香後援会

ワールドメイトが献金しているのは→ワールドメイトと政治献金


大本教祖、2代目裏天皇と噂の人、経営者のアイドル安岡正篤の入ったバージョン。

Csis01_2

|

2016年12月 8日 (木)

【ワールドメイト】日本紅卍字会

(公社)日本紅卍字会
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル

1962年3月20日-法人成立
2013年4月1日-(社)日本紅卍字会→(公社)日本紅卍字会

■役員抜粋

名誉会長
理事
半田晴久 ワールドメイト 代表
パシフィックフォーラムCSIS 理事
※ほかリンク先参照
代表理事
会長
黒川謙介 ご近所シリーズ78参照
専務理事 杉山明
理事
-2003.4
次郎丸嘉介 元 日誠総業(株)社長
理事
-2003.5解任
中島洋輝 元 昭和振興(株)代表取締役
元 南野建設(株)大株主 ※現(株)A.Cホ-ルディングス

■昭和振興(株)
港区芝大門1-4-10
→静岡県伊豆の国市奈古谷2225
監事 大竹浩 税理士
エイエムリサーチアンドリポー卜(株)監査役(2003.6-2004.6)
ヴィンテージ(株)監査役(2009.1設立-)

|