« 4月23日:朝 | トップページ | 【移転】チヨダ »

2017年4月23日 (日)

【フリーメイソン】共産圏とインターナショナル(国際)

日本語版

ソ連版-1978年

ロバート・ワイアットも唄ってます。

インターナショナル (歌)(2016年7月25日 (月) 08:16 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

「インターナショナル」(英語: The Internationale)は、社会主義・共産主義を代表する曲である。ソビエト連邦では十月革命(1917年)から第二次世界大戦(1944年)まで国歌になっていたほか、日本でも労働歌として歌われていた。
……
「インターナショナル」の誕生
「インターナショナル」は19世紀末フランスのパリ・コミューン(1871年)の直後に「L'Internationale」として誕生した。作詞者はパリ・コミューンに参加していた
ウジェーヌ・ポティエ(1816 - 1887)である。パリ・コミューンは1871年5月末に多数の犠牲者を出して鎮圧されると、直後の6月にポティエは詩「インターナショナル」を発表した。

ウジェーヌ・ポティエ(2013年3月20日 (水) 02:33 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

ウジェーヌ・ポティエ(1816年10月4日 - 1887年11月6日)はフランス・パリ出身の詩人、革命家。革命歌『インターナショナル』の作詞で知られる。
……
1870年にプロイセン軍によりパリが包囲されると、国民軍(当時の民兵組織)の一員として戦闘に参加。1871年のパリ・コミューンにも積極的に関与し、パリ2区代議員に選出され、公役務委員会の議長を務めた。血の1週間の戦闘にも参加した。1871年6月、パリで逃避行を重ねながら詩『インターナショナル』を完成させた。イングランドに亡命。1873年5月17日、欠席裁判で死刑判決を受けた。その後亡命先をアメリカ合衆国に移し、国外追放になったパリ・コミューン参加者たちの連帯運動を組織した。
同地でフリーメイソンに加入。また社会主義労働党にも参加した。

|

« 4月23日:朝 | トップページ | 【移転】チヨダ »

フリーメイソン」カテゴリの記事