« 【目次】企業情報 | トップページ | 【検事】アジア刑政財団 ver1.4 »

2017年2月14日 (火)

【宝くじ】宝くじで1.3億円当せんの強運住職 高額当せんは30回以上 ver1.1

宝くじで1.3億円当せんの強運住職 高額当せんは30回以上
2014.01.07 16:00 NEWSポストセブン(女性セブン2014年1月23日号)

JR博多駅から電車で25分。城戸南蔵院前(きどなんぞういんまえ)駅から徒歩3分の場所に宝くじ開運のお寺と呼ばれる「南蔵院」がある。世界一の大きさを誇るブロンズ製の釈迦涅槃像が有名だ。この寺の境内を歩いていると、頻繁に握手や記念写真を求められている人がいる。彼こそ、宝くじで高額当せんを果たしたこの寺の住職・林覚乗さんだ。

南蔵院観光レポート(番外編)(宝くじガイド)

林覚乗住職は1953年福岡県粕屋郡生まれ、高野山大学密教科卒。高野山真言宗ハワイホノルル別院駐在開教師を務めたのち、1980年に南蔵院23代目住職に就任しました。そして1995年に福岡ユニバーシアード協賛ジャンボ宝くじで1等前後賞合わせて1億3000万円に当選します。そしてその10日後にはナンバーズで560万円を当てたという人物。ナンバーズ4では5回もストレート当選を果たしています。

しあわせを感じる喜び林覚乗(amazon)

南蔵院第二十三世住職。昭和28年4月24日福岡県粕屋郡篠栗町生まれ。昭和51年高野山大学密教科卒業。昭和51年~53年高野山真言宗ハワイホノルル別院駐在開教師。昭和55年南蔵院住職就任。平成7年4月戦後50年記念の東映映画「きけ、わだつみの声」に出演。6月福岡ユニバーシアード協賛ジャンボ宝くじで1等・前後賞合わせて1億3000万円に当選。またその10日後にはナンバーくじで560万円を射止める。5月に完成したばかりの釈迦涅槃像のご利益とマスコミで話題になる。現在、福岡いのちの電話副理事長、福岡刑務所篤志面接委員、アジア刑政財団評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(公財)アジア刑政財団→赤坂ベルゴ豊栄ビル→608号:進商事(株)→周防美恵子代表取締役

バーニングプロダクション〜Yourpediaより

中枢事務所
有限会社ウィーズ・ミュージック
代表取締役 関野治也
取締役 
関野万紀子小学館「女性セブン」編集長
株主構成 関野治也

■(NPO)日本作文協会 スペシャルアドバイザー抜粋

加瀬英明 (一社)志士経営者倶楽部 名誉理事
中條高徳 (一社)志士経営者倶楽部 顧問
蟹瀬誠一 (株)アバージェンス 取締役
スタッフ・アップアネックス参照
林覚乗 南蔵院 住職
元(公財)アジア刑政財団 評議員

20170214_114933

|

« 【目次】企業情報 | トップページ | 【検事】アジア刑政財団 ver1.4 »

宝くじ」カテゴリの記事