« 1月22日:虎ノ門有限責任監査法人とか | トップページ | 小林国際都市政策研究財団【秀和/ライフコーポレーション/松久】 »

2017年1月22日 (日)

TOKYO MXへのスポンサー社長が宣言「報ステを潰しにいきます」 ver1.1

TOKYO MXへのスポンサー社長が宣言「報ステを潰しにいきます」
2016年3月31日-livedoor NEWS

ニュース女子(2017年1月22日 (日) 01:09 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

『ニュース女子』(にゅーすじょし)は、DHCシアターとBOY'S TV DIRECTION COMPANYで共同制作で、2015年4月12日から毎週金曜日の21:00 - 22:00に放送されているニュース&時事問題トークバラエティ番組。

■考察

(株)DHCシアター

代表取締役会長 吉田嘉明 (株)ディーエイチシー 代表取締役
代表取締役社長 浜田麻記子 夫は浜田卓二郎弁護士

浜田卓二郎弁護士
(株)フォーサイド 取締役→E.T.S.室町ビル
(株)カーチスホールディングス 取締役
監査役 神部健一 弁護士(第一中央法律事務所)
公認会計士
元(株)光通信 監査役

●「日本に君臨するもの〜フリーメーソン日本ロッジ幹部の証言」高崎廣著

144pより

 そういえば昭和50年(1975)ごろには、あの浜田卓二郎さん夫婦も水交社ビルに住んでいた。まき子さんと結婚して、新婚生活をあのビルで過ごしたんですよ。まだ代議士に出馬する前の大蔵官僚時代のことです。
 
彼は植竹春彦元内務大臣との縁でメーソンに入会していたはずです。近年、政治家でメンバーになっていたのは、あのハマタクさんくらいでしょう。

水交社がフリーメーソン東京拠点になる経緯は戦後の重要な歴史です。

E.T.S.室町ビルはこれまた戦後の重要な歴史に絡むライカビル跡地に建つビルです。

フリーメイソンのミソはハココネ、表の広告塔の美容外科の方に洗脳されずに、日本グランド・ロッジのフィリピンとの関わりを勉強しましょう。
しかも、日本グランド・ロッジの方じゃない京都御門ロッジの方ですし。

日本グランド・ロッジの表のトップの方は→【日本政治】民進党の脱原発政策参照

高須院長、フリーメイソン集会に出席 トランプ氏の都市伝説紹介

■ビギニング・オブ・フリーメイソン&森ビル ストーリー

水交社(2016年1月25日 (月) 07:51 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

水交社(すいこうしゃ)とは、1876年(明治9年)3月21日に海軍省の外郭団体として創設された日本海軍将校の親睦・研究団体である。名称の由来は『荘子』の「君子之交淡若水」から採用命名された。総裁は海軍将官の現役皇族、社長は現任海軍大臣の兼務であった。
……
水交社本部ビル
山本五十六の葬儀は麻布飯倉町の水交社で行なわれた。1943年(昭和18年)6月に行われた山本五十六元帥の国葬の列は、麻布飯倉町2丁目交差点近くの「水交社本部ビル」から出発した。

敗戦後の水交社解散後に、空襲から焼け残り空家となった、大きな白い建物であった「水交社本部ビル」は米軍に接収され、米軍関係者のサロンや宿舎に使用された。後に米軍は日本政府へ、「旧日本海軍の水交社を返還する」と通告した。しかし、「水交社本部ビル」が使われなくなっても返還されず、その代わり、
占領軍のフリーメイソンによって占拠され、入り口には「メソニック・ビル」の表示が掲げられた

1949年(昭和24年)暮れに接収が解除された後、1950年(昭和25年)6月に、
国(占領下の日本政府の大蔵省)から、土地、建物とも、最低価格の8千万円で優先的に、「宗教法人東京メソニックロッジ協会」(財団法人東京メソニック協会の前身、現・一般財団法人メイスン財団)に払い下げられ、8月には所有権取得登記が行われた。屋上にコンパスと直角定規の大きなシンボルマークが掲げられた時期もあった。

「メソニック・ビル」には、日本のフリーメイソンの中核となる「日本グランド・ロッジ」(1957年(昭和37年)3月設立)が入居していた。現在の黒くて低層の「東京メソニックビル」(東京メソニックセンター、地上2階 地下2階)は1981年(昭和56年)5月に定礎されて(定礎式が行われた年か竣工年かは不明)建て替えられたものだが、一室には水交社時代の応接室が再現されている。

現在の「東京メソニックビル」内には、日本のフリーメイソンの中枢が集まっており、「日本グランド・ロッジ」の他、いくつかのブルーロッジ、リサーチ・ロッジやアメリカ管轄のロッジも含め、事務所が割当てられており、秘書業務・財務業務が行われている。また、付帯組織である「ヨーク・ライト」(York Rite)や「」スコティッシュ・ライト(Scottish Rite)も事務所を構えている。地上1階はエントランスだけで何もない。地上2Fには「日本グランドロッジ」や「ヨーク・ライト」や「スコティッシュ・ライト」などのオフィスやライブラリがあり、地下1Fには各ロッジのオフィスがある。地下2Fにはブルーロッジやスコティッシュ・ライトホールやダイニングホールやキッチンがある。

Photo

|

« 1月22日:虎ノ門有限責任監査法人とか | トップページ | 小林国際都市政策研究財団【秀和/ライフコーポレーション/松久】 »

フリーメイソン」カテゴリの記事